転職を繰り返す人の末路とは?3つのメリット・デメリットを解説

公開日:2022年1月14日 更新日:2022年1月14日

より良い職場環境を見つけるために、転職を選択するのは決して悪いことではありません。

しかし過去に何度か転職をしている人は、転職を繰り返しても良いか不安になることもあるでしょう。

本記事では転職を繰り返すメリット・デメリットを紹介します。繰り返し転職しても内定を勝ち取るコツも解説しているので、ぜひ参考にしてください。

転職を繰り返すことは必ずしもマイナスではない

転職を繰り返すことで採用で不利になってしまうと考える人は多いですが、必ずしも不利になるわけではありません。

繰り返すことのデメリットを把握し対策すれば、転職は十分に可能です。

ただし、転職を繰り返すことが有利に働くことは基本的にありません。場合によってはネガティブな印象を持たれやすく、マイナス評価がつく可能性があります。

転職を繰り返すことをマイナスに捉えられないようにするためには、書類作成や面接での受け答えを工夫する必要があります。

おすすめの転職エージェントを見る

転職は何回まで繰り返して良い?多くて3回までが目安

業界・業種や採用担当者の考え方にもよりますが、転職回数は多くても3回くらいに留めておきたいところです。

リクナビNEXTが採用担当者に行ったアンケート調査によると、全体の10%は転職回数が1回~2回で気にする、全体の40%は転職回数が3回で気にすると回答しています。

また、「転職回数は気にならない」と回答した採用担当者は全体の15%でした。

転職回数気になる採用担当者の割合
1回2%
2回8%
3回40%
4回16%
5回以上19%
気にならない15%

つまり、転職回数が2回以下であれば、ハンデとなる可能性は低いです。一方、転職回数が3回以上となると、マイナスに捉えられる恐れがあります。

ただし、年齢や経験によっても採用担当者の受け取り方は異なります。3回という回数はあくまでも目安として捉えておくべきでしょう。

転職回数について詳しく知りたい方は「転職回数は平均何回までOK?転職が多い人でも内定を勝ち取るコツ」も読んでみてください。

おすすめの転職エージェントを見る

転職を繰り返す人の特徴

転職を繰り返す人には、何かしらの原因が考えられます。

具体的に転職を繰り返す人の特徴は、以下の5つが挙げられます。

  • 長期的な視点で考えず転職している
  • 企業へ求める条件や理想が多い
  • 企業分析と自己分析がうまくできていない
  • コミュニケーション力が不足している
  • 精神的な病気で環境を変えざるを得ない

それぞれについて詳しく紹介します。

長期的な視点で考えず転職している

転職を繰り返す人は、目の前の問題だけを考えて、勢いで転職したくなる傾向があります。

長期的な視点で考えず転職するため、なかなか良い職場に出会えないことが考えられます。

そのため、明確な目的を持って転職するのがおすすめです。

現在働いている職場で不満がある場合でも、明確な目的がない場合は1度立ち止まって状況を見直してみましょう。

もちろん、会社も長期的な視点で採用を決定します。将来的に利益が見込める人材を採用したいと考えているため、長く働く気がない人の内定は難しいと言えます。

企業へ求める条件や理想が多い

企業へ求める理想が高く、完璧を追い求めることも転職を繰り返しやすい人の特徴です。現実と理想のギャップがあると、またすぐに転職したくなるためです。

まずは何もかもが完璧な職場はないことを理解し、転職しても100%の希望を叶えるのは難しいことを理解しましょう。

加えて、今の職場の不満を行動で改善できないか見直すことも大切です。

例えば人間関係の問題であれば、時間の経過によって改善されることが期待できるでしょう。給料に不満があれば、副業で収入を増やす方法もあります。

企業分析と自己分析がうまくできていない

企業分析と自己分析の両方が上手くできていないと、転職を繰り返す原因になり得ます。

自分に適した企業選びができず、入社してから始めてミスマッチに気づくからです。

自分に合った企業を選ぶには、企業と自分の両方を良く知ることが大切です。

企業分析と自己分析に不安があるなら、転職エージェントにサポートしてもらっても良いでしょう。

コミュニケーション力が不足している

コミュニケーション力が不足している人は、転職を繰り返しやすいです。

職場でのコミュニケーションは必要不可欠であるため、話すことが苦手な人は新しい職場に馴染むのに苦労しやすい傾向にあります。

なかなか職場に馴染めず、「今の職場は自分に合っていない」と考えてしまうのです。

コミュニケーション力を上げるには、実際に人と話す回数を増やすのが近道です。

会話への苦手意識を理由に、コミュニケーションの機会を避けないよう意識しましょう。

精神的な病気で環境を変えざるを得ない

精神的な病気で仕事が長続きせず、転職を繰り返してしまう人も少なからずいます。

職場環境が原因でうつ病などの精神疾患を発症している場合、そのまま同じ環境に身を置くのは難しく感じるでしょう。

精神的な病気が長期化すると、今後の生活にも支障をきたすことになります。そこで、我慢を続けずにまずは休息を取り、自分に合った職場を見つけましょう。

おすすめの転職エージェントを見る

転職を繰り返すデメリット

転職を繰り返すことにはいくつかのデメリットがあるため、転職前にきちんと理解しておきましょう。

転職を繰り返すデメリットは、以下の3つが挙げられます。

  • 採用担当者に悪印象を与える
  • 自分の市場価値が下がることもある
  • マイナス思考になりやすい

それぞれのデメリットについて詳しく紹介します。

採用担当者に悪印象を与える

転職を繰り返すと、採用担当者に悪印象を与える可能性があります。基本的には、転職回数が多いことは良い印象にはつながりません。

転職回数の多さが採用者に与える具体的な悪影響は、以下の2つが挙げられます。

すぐに退職するのではないかと懸念する

転職を繰り返す人に対し、採用担当者は「採用してもまたすぐに退職するのではないか」と懸念する場合があります。

すぐに退職されるのは会社にとって痛手なので、避けたいと思うのが普通です。

「すぐに退職するのではないか?」という懸念は、その人が転職を繰り返してきた理由にも由来します。

例えば人間関係を理由に転職している場合、「うちの会社でも人間関係のトラブルを起こすのでは?」と思われる恐れがあります。

また「給料が少なかった」という理由だと、「お金のためだけに働いているのでは?」と思われかねません。

早期退職の不安を払拭するには、たとえ転職回数が多くても、ポジティブな転職理由を伝える必要があります。

経験が浅いのではないかと不安になる

転職を繰り返す人は、長期間の仕事を経験していません。そのため、採用担当者はまだ社会経験が浅いのではないかと不安になることもあります。

「転職を繰り返すことで、スキルがアップした」というアピールができなければ、転職回数の多さはマイナス印象になってしまうでしょう。

自分の市場価値が下がることもある

転職を繰り返すと、自分の市場価値が下がる恐れがあります。基本的に市場価値は、業種・業界におけるスキルや経験に比例して上がるからです。

特に異業種・異業種に転職すると、今までの積み重ねたスキルや経験がリセットされてしまいます。

自分の市場価値が下がると、選べる仕事も減っていきます。また、収入面も下がりやすいです。

自分の市場価値を下げないためにも、転職はできる限り少ない回数で抑えておくべきでしょう。

マイナス思考になりやすい

マイナス思考になりやすいのも、転職を繰り返すデメリットです。

何度も転職を繰り返していると、「自分は適応力がない」「自分に向いている仕事がない」と考えてしまうことがあります。

マイナス思考になった結果、新たなチャレンジが怖くなってしまうこともあるでしょう。

マイナス思考になることにメリットはありません。「次は気持ち良く働ける職場を見つける」と気持ちを切り替えましょう。

おすすめの転職エージェントを見る

転職を繰り返すメリット

転職を繰り返すことはデメリットだけでなく、いくつかのメリットもあります。

具体的に転職を繰り返すメリットは、以下の3つが挙げられます。

  • より自分に合った仕事を探せる
  • さまざまな職場のノウハウを学べる
  • より良いライフスタイルを見つけられる

それぞれのメリットについて詳しく紹介します。

より自分に合った仕事を探せる

転職を繰り返すことで、さまざまな仕事を体験できます。

自分の得意な仕事だけではなく、苦手な仕事も体験します。その中で、より自分に合った仕事を探せるでしょう。

また、さまざまな職場で働くことで、より良い仕事仲間を見つけることにもつながります。自分に合った職場も探せるのも、転職を繰り返すメリットと言えるでしょう。

さまざまな職場のノウハウを学べる

同じ仕事をするにしても、職場によってノウハウは変化します。そのため、多くの職場を経験することでさまざまなノウハウを学ぶことが可能です。

前の職場で学んだノウハウは、次の転職活動でアピールすることもできます。

ノウハウ面でのメリットもあるため、転職を繰り返すのはキャリアアップのための選択肢でもあると言えるでしょう。

より良いライフスタイルを見つけられる

転職を繰り返すことで勤務地や勤務時間が変化していくと、より自分に合ったライフスタイルを見つけるきっかけとなります。

例えば都市部と地方の勤務地を両方経験すれば、どちらの方が自分にとって住みやすいかを経験をもとに判断できます。

また残業を含めた勤務時間は企業によって異なるため、どれくらいの時間ならストレスなく働けるのかも分かってくるでしょう。

今後の生活の仕方を探ることができるのも、転職を繰り返すメリットと言えるでしょう。

おすすめの転職エージェントを見る

繰り返し転職しても内定を勝ち取るコツ

すでに転職を何回も経験しており、採用担当者から悪印象を持たれないか不安な人もいるでしょう。

繰り返し転職しても内定を勝ち取るコツは、以下の4つが挙げられます。

  • 好印象な職務経歴書を作成する
  • キャリアの一貫性を伝える
  • 最後の転職にしたいことをアピールする
  • 転職エージェントを活用する

それぞれについて詳しく紹介します。

好印象な職務経歴書を作成する

職務経歴書は、採用の重要な判断材料です。職務経歴書でマイナス印象を与えてしまうと、面接にすら進めない恐れもあります。

職務経歴書を作成するうえで重要なのは、成果や実績に関して具体的な数字を使うことです。

例えば「売り上げに貢献した」と書くだけでなく、「◯%の売り上げアップに貢献した」のように表現しましょう。

数字を使うことで、成果や実績がより具体的に伝わります。

また、転職回数が多くても職歴は全て記載するべきです。転職が多いからこそ身についた知識や経験に焦点を当てましょう。

好印象な職務経歴書を作成することは、内定獲得への近道です。

キャリアの一貫性を伝える

キャリアが一貫していると、採用担当者に納得してもらいやすいでしょう。なぜなら、転職に目的意識が感じられるからです。

異なる業種や職種に転職する場合も、どこに一貫性があるのか伝える必要があります。

例えば販売スタッフと飲食店スタッフは一見違う仕事ですが、「人とコミュニケーションを取るのが得意」「初対面の人に対しても好印象を与える自信がある」などの一貫性を持たせられます。

自分のキャリアにどのような一貫性があるのかを見出し、それを選考でアピールしましょう。

最後の転職にしたいことをアピールする

「内定をもらえたら次は転職しない」という熱意が伝わると、好印象につながります。

なぜなら、採用担当者は転職を繰り返している人に対し、「次もすぐに転職してしまうのではないか」と不安を感じていることがあるからです。

「御社の仕事なら全力で全うできる」という覚悟を見せれば、採用したいと思ってもらえるでしょう。

転職エージェントを活用する

転職エージェントとは、転職を支援してくれるサービスのことです。

自己分析や企業分析が上手くできていない人は転職エージェントを利用し、客観的なアドバイスを受けましょう。

また、自分のレベルに合った求人を紹介してくれるので、転職回数が多い人でも効率的に転職活動を進められます。

おすすめの転職エージェントは以下の2つです。いずれも無料で利用ができるため、積極的に登録しておきましょう。

dodaエージェント

dodaエージェントサービス

出典:dodaエージェント

dodaエージェントは、サポート面に定評のある転職エージェントです。

キャリアアドバイザーの客観的なアドバイスによって、自己分析や企業分析を効率的に進められます。

また、希望条件に合った求人を厳選して紹介してくれるのもdodaエージェントの魅力です。自分で応募する企業を絞り切れずに悩んでいる人は活用してみましょう。

dodaはこちら

dodaエージェントについて詳しく知りたい方は「dodaエージェントの悪い評判の真相は?利用者の口コミを徹底分析」も読んでみてください。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

出典:RECRUIT AGENT

リクルートエージェントは、求人数が業界最多の転職エージェントです。多くの選択肢の中から、自分に合った求人を選べます。

また、転職支援実績は国内でNo.1であるため、安心して利用できるでしょう。

充実したサポートを受けながら、豊富な求人から選びたい人におすすめの転職エージェントです。

リクルートエージェントはこちら

リクルートエージェントについて詳しく知りたい方は「リクルートエージェントの評判は悪い?口コミや使うべき人まで詳しく解説」も読んでみてください。

転職を繰り返すことに対するよくある質問

転職を繰り返すことに対する、以下のよくある質問へと回答していきます。

  • 転職を繰り返すと年収は下がる?
  • 転職を繰り返すと退職金がたくさん入る?
  • 転職を繰り返しても良い人は?

転職を繰り返すと年収は下がる?

転職を繰り返すことで多くの場合、年収は下がるか、上がるペースが遅くなるでしょう。

そのため、年収アップを目的に転職を繰り返すことは考えるべきではありません。

しかし、ある程度業務の専門性があれば、転職を繰り返しても年収を上げることは可能です。自分の経験や能力を考え、年収についてあらかじめ予想しておきましょう。

転職を繰り返すと退職金がたくさん入る?

転職を繰り返すことで、退職金がたくさん入るとは限りません。

退職金は一般的に、継続年数によって変化します。転職を繰り返すと、退職金がそれぞれの企業から入るかもしれませんが、一社あたりの金額は少なくなります。

また、退職金の制度がない企業や、一定年数勤めないと退職金が支給されない企業もあります。

そのため、転職でもらえる退職金には期待すべきではないと言えるでしょう。

転職を繰り返しても良い職種はある?

転職を繰り返してもマイナスになりにくい職種は、営業職や人事職です。なぜなら、転職を繰り返すことでキャリアアップできる可能性があるからです。

例えば営業職で転職を繰り返すと、あらゆる物を販売する能力が身につくでしょう。

また、人事職はさまざまな考えを持つ人と接することができるため、キャリアが広がることにつながります。

とは言え、それぞれの職場でスキルや経験をきちんと増やしていることが前提です。無闇に転職を繰り返すべきではありません。

転職は繰り返しても良いが慎重に

転職を繰り返すときは、メリットやデメリットを把握して慎重に考えるべきです。本記事で紹介したポイントを意識して、より良い転職を目指しましょう。

転職を繰り返していることが不安な人は、転職エージェントの利用もおすすめです。

転職エージェントは内定獲得のためにさまざまなサポートをしてくれるので、転職回数が多い人でも自信を持って選考に臨めるようになります。

転職エージェントは無料で利用できるので、まずは登録だけでも済ませておきましょう。