転職して1ヶ月で退職しても大丈夫?辞めたい・辛いときに取るべき選択とは

公開日:2022年2月10日 更新日:2022年2月10日

転職活動を乗り越えてやっと入社した会社でも、転職後1ヶ月の時点で自分に合わないと感じる場合があります。

新しい環境で新たな業務を覚えるため、知らず知らずのうちにストレスが溜まり、気づけば強いプレッシャーになっていることもあるでしょう。

実際、転職して1ヶ月で辞めてしまう人は少なくありません。

この記事では、転職して1ヶ月で辞めたくなる理由や、辞めたいときに取るべき選択を解説します。

転職して1ヶ月で辞めたいと感じている人は、ぜひ参考にしてください。

転職して1ヶ月で退職しても大丈夫?辞めたくなる5つの理由

転職先が決まったとしても、1ヶ月働いた頃にはさまざまな理由で辞めたくなってしまうケースもあるでしょう。

転職して1ヶ月で辞めたくなる理由としては、以下の5つが挙げられます。

  • 人間関係が悪いから
  • 社風に馴染めないから
  • 仕事内容が思っていたものと異なるから
  • 多忙だから
  • うつ病などの精神疾患が影響しているから

それぞれ解説します。

人間関係が悪いから

転職後1ヶ月で辞めたくなる理由の1つが、人間関係の悪さです。

リクルートエージェントの調査によると、転職後1ヶ月で会社を辞めたいと思う理由のトップは「上司・同僚との人間関係」で、75.1%と圧倒的多数を占めています。

転職後はほとんどの場合、会社で新しい人間関係を築いていかなければなりません。上司や同僚と相性が合わないと感じることもあるでしょう。

仕事も覚えながら人間関係を築いていくことが強いストレスとなり、辞めたいという気持ちを生んでしまうのです。

社風に馴染めないから

社風に馴染めないことも、転職後1ヶ月で辞めたいと感じる理由の1つです。

職場のルールや仕事の進め方などは、会社によって大きく異なります。

前の職場のルールや仕事の進め方に慣れていたら、尚更ギャップを感じるでしょう。

社風に慣れるまでの間は辛いと感じることが多く、辞めたいと思う人も少なくありません。

仕事内容が思っていたものと異なるから

仕事内容が思っていたものと異なっていたために、辞めたいと思う人もいます。

「仕事内容に惹かれて入社したものの、いざ入社してみたら想像とは違っていた」というギャップが原因です。

例えばクリエイティブな仕事をイメージしていたにもかかわらず、実際は地道な作業が多かったなどのケースです。

自分がやりたいと思っていた仕事ができなければ、転職した意味がないと感じる人もいるでしょう。その結果、転職後1ヶ月で辞めたくなってしまうのです。

多忙だから

実際に働いてみると思ったよりも多忙だったという理由で辞めてしまう人もいます。

特に前職よりも明らかに残業や休日出勤が多いと、精神的にも肉体的にも辛いと感じやすいです。

ある程度の忙しさは想定していたとしても、実際に働いてみたら想像以上だったというケースもあります。

この先も忙しい毎日が続くことを想像すると、辞めたくなってしまうのも無理はありません。

うつ病などの精神疾患が影響しているから

うつ病などの精神疾患が理由で、どうしても仕事が続かない人もいます。

この場合は無理をして仕事を続けようとすれば、さらに深刻な状態へと陥ってしまう場合があります。

精神疾患の悪化は本人の意思とは無関係に起こるケースも多く、仕事を辞めたくなるのは仕方ないとも言えるでしょう。

うつ病などの事情を抱えての転職活動について詳しく知りたいなら「うつ病の方が転職前に考えるべきこととは?鬱の症状が出た方は必見!」も読んでみてください。

おすすめの転職エージェントを見る

転職して1ヶ月で辞めるリスク

短期間で転職をしてしまうと、さまざまなリスクを背負う可能性があります。

転職して1ヶ月で辞めるリスクとして、以下の3つが挙げられます。

  • 短期で辞める癖がついてしまう
  • 転職時にマイナスイメージを抱かれる可能性がある
  • スキルが身につかない

それぞれについて詳しく解説します。

短期で辞める癖がついてしまう

短期で離職と転職を繰り返していると、辞める癖がついてしまう可能性があります。

仕事で何か嫌なことがあったり、壁にぶつかったりしたら「辞めて次の仕事を探せば良い」という考えになってしまうかもしれません。

結果的に、一つの会社に長く留まって働こうという気持ちを抱きにくくなってしまいます。

転職時にマイナスイメージを抱かれる可能性がある

短期で転職している場合、採用担当者から「入社してもすぐに辞めるのではないか?」とマイナスイメージを抱かれる恐れがあります。

企業側が求めているのは、なるべく長く働いてくれる人材であることが多いです。

短期で転職している場合「仕事が長続きしない」「意思が弱い」などのマイナスなイメージを抱かれてしまい、採用が遠のいてしまう可能性があります。

スキルが身につかない

1つの職場で1ヶ月働いた程度では、スキルはほとんど身につきません。

つまり、その会社での経験がほとんど次に活かせないということです。次の転職時も、アピールできるスキルが少なくなってしまいます。

転職を有利に進めるためにも、スキルを身につけた上で転職することを目指しましょう。

おすすめの転職エージェントを見る

転職して1ヶ月で辞めたい・辛いと思ったときにするべきこと

辞めたい・辛いと感じても、すぐに転職すべきとは限りません。

転職して1ヶ月で辞めたい・辛いと思ったときにするべきことは、以下の4つです。

  • 最初は「慣れない」「辛い」が当然であると認識する
  • 今の会社を選んだ理由を思い出す
  • 現状の不満を改善できないか考える
  • 第三者に相談する

それぞれ詳しく解説します。

最初は「慣れない」「辛い」が当然であると認識する

転職直後は「慣れない」「辛い」と感じることがあるのは当然だと認識しましょう。

新しい環境で新しい仕事が始まると、覚えなければならないことが多く、仕事が大変なのは当たり前のことです。

しかし、しばらく続けていれば仕事に慣れ、辛さがなくなるケースも多いです。

早々に諦めるのではなく、まずは「辛いのは今だけ」と割り切って続けてみましょう。

今の会社を選んだ理由を思い出す

今の会社を選んだ理由を改めて考え、思い出すことも大切です。

なぜ今の会社を選んだのかを思い出すことで、入社前に自分がどんな理想や希望を持っていたのかを思い出せます。

もともとその理想や希望を叶えるために、今の会社へ転職しているはずです。

しかし、入社したばかりの頃はうまくいかないことも多く、強いストレスを感じてしまいがちです。

そうした状況がしばらく続くと、目の前の不満ばかりを意識して、辞めたいと思ってしまうでしょう。

そこで今の会社を選んだ理由を思い出すことで、不満が一時的なものだと気づけるケースもあります。

現状の不満を改善できないか考える

転職後に不満を抱えている場合は、その不満を具体化し、行動で改善できないかを考えてみましょう。

例えば人間関係に不満を抱えている場合、こちら側からのコミュニケーション方法を変えることで改善されるケースもあります。

仕事がうまくいかないという不満であれば、業界特有の知識を身につけたり、先輩に相談したりすることで解決できるかもしれません。

不満を抱えている場合、まずは改善に向けた行動を起こしてみましょう。

第三者に相談する

転職後すぐに辞めたくなったときには、第三者に相談することも大切です。

不満やストレスを抱えていると、物事をネガティブに考えてしまいがちです。

第三者に相談することで、自分の抱えている不満が正当なものかを客観的に判断してもらえます。加えて、客観的なアドバイスももらえるでしょう。

自分は辛いと思っていても、他人に相談すれば簡単に解決できる不満かもしれません。

おすすめの転職エージェントを見る

転職して1ヶ月で辞めても良いケース

転職して1ヶ月で辞めるのはリスクがありますが、辞めても良いケースもあります。

代表的なのは以下の5つのケースです。

  • ハラスメントを受けている
  • 明らかにブラック企業である
  • 雇用契約時の業務内容と異なる
  • 公序良俗に反する業務がある
  • 辞めても次の転職先が保証されている

転職後に1ヶ月で辞めても良いケースを詳しく紹介します。

ハラスメントを受けている

パワハラやセクハラなどのハラスメントを受けている場合は、辞めても良いケースと言えます。

転職前に職場でのハラスメントがあるかどうかを知るのは非常に難しいことです。

口コミサイトなどで調査していたとしても、いざ入社してみたらパワハラやセクハラが横行していたというケースもあり得ます。

ハラスメントを受けるような環境であれば、転職したばかりだからと我慢する必要はありません。

ただしハラスメントは、人事部や社内の相談窓口に相談することで解決できる場合もあります。

辞める前に一度、社内で相談できる場所がないか確認してみても良いでしょう。

明らかにブラック企業である

転職先が明らかにブラック企業だった場合も、早くに見切りをつけ転職した方が良いでしょう。

入社後に、極端な長時間労働や給料未払いなどがあると判明する場合もあります。その場合は自分自身が追い詰められるだけで、プラスになることはありません。

今後働き続けるのが難しそうな環境である場合は、たとえ転職して1ヶ月でも退職が選択肢となります。

雇用契約時の業務内容と異なる

雇用契約時の業務内容と実際の業務内容が異なる場合も、転職を検討して良いケースです。

雇用契約で定めた条件を守るのは、会社側の義務でもあります。

しかし会社によっては人手不足などを理由に、契約時には含まれていなかった業務を押し付けてくる場合もあります。

そもそも雇用契約の内容を守らない会社は健全とは言い難いので、早期退職を検討しましょう。

公序良俗に反する業務がある

公序良俗や自身の正義感に反する業務を強いられる場合も、早めに次の転職先を探す方が良いでしょう。

例えば売上や経費の数値を改ざんするよう指示されるなど、明らかな不正行為が存在するケースです。

悪いことだと従業員が認識していても、指摘できない社風になってしまっている場合があります。

場合によっては刑事事件に巻き込まれてしまう可能性もあり、早めに見切りをつけ離れてしまった方が良いでしょう。

辞めても次の転職先が保証されている

次の転職先が保証されている場合は、転職後すぐに辞めても良いでしょう。

短期間での退職は次の転職活動で不利になりやすいですが、すでに​​次の転職先が保証されているのであれば、安心して辞められます。

例えば知人の紹介で入社できる企業があるという場合には、早期退職しても良いと言えます。

おすすめの転職エージェントを見る

転職して1ヶ月での再転職を成功させるポイント

早期退職した後の転職活動は、ポイントを押さえることで成功へ近づけます。

転職して1ヶ月での再転職を成功させるポイントは以下の4つが挙げられます。

  • 退職理由や目的を明確にする
  • 退職理由は前向きな表現で伝える
  • 経歴を偽らない
  • 転職エージェントに相談する

それぞれ解説します。

退職理由や目的を明確にする

転職して1ヶ月で再転職する場合は、転職理由や目的を明確にしましょう。

転職理由や目的が明確でないと、次の会社でもまた辞めたいと感じてしまう恐れがあるためです。

退職理由や転職の目的を明確にすることで、自身が本当に求めている企業像や仕事像を把握できます。

どのような環境でどのような仕事をしたいのか、明確にイメージできていれば転職の失敗を防げるでしょう。

退職理由は前向きな表現で伝える

面接時に退職理由を聞かれた際には、前向きな表現で伝えましょう。

ネガティブな退職理由は「すぐに転職してしまうのでは」と採用担当者に不安を与えてしまう可能性があります。

例えば「仕事がつまらなかった」という退職理由は、たとえ本心だったとしても、面接時に伝えるべきではありません。

「自身がステップアップできるような職場を探したかった」など、前向きな表現で伝えて、仕事への意欲があると示すことが大切です。

経歴を偽らない

転職活動では経歴を偽らず正直に伝えるようにしましょう。経歴を偽装して入社したとしても、後々トラブルに発展する恐れがあるからです。

経歴の詐称は、雇用保険の履歴などから簡単にバレてしまいます。

たとえ1ヶ月で辞めたことをコンプレックスに感じていたとしても、経歴は正直に伝えるべきです。

転職エージェントに相談する

短期間で退職した後の転職は、転職エージェントに相談するのもおすすめです。

転職エージェントは面接対策や書類添削などのサポートを実施してくれるので、たとえ1ヶ月で退職していたとしても、適切なアピールの方法を一緒に考えてくれます。

また希望やスキルに応じて最適な求人を紹介してくれるので、転職後のミスマッチも起こりにくいです。

転職エージェントに相談すれば、転職して1ヶ月での再転職でも成功率を高められます。

転職して1ヶ月での再転職をする際におすすめの転職エージェント

転職して1ヶ月で再転職をする際におすすめの転職エージェントは以下の2つです。

  • リクルートエージェント
  • マイナビエージェント

それぞれ特徴を解説します。

リクルートエージェント

リクルートエージェント出典:リクルートエージェント

リクルートエージェントは、業界最大手の転職エージェントです。各企業とのパイプが太く、社風や実際の雰囲気なども把握しています。

また、面接対策やキャリアの方向性に関する相談など、転職サポートも充実しています。

それらのサポートを上手く活用することで、ミスマッチを防いで理想の企業へ転職できるでしょう。

リクルートエージェントはこちら

リクルートエージェントについて詳しく知りたい方は「リクルートエージェントの評判は悪い?口コミや使うべき人まで詳しく解説」をご覧ください。

マイナビエージェント

マイナビエージェント出典:マイナビエージェント

マイナビエージェントも幅広い求人を扱っている転職エージェントです。

マイナビエージェントの最大の特徴は、在籍しているキャリアアドバイザーが業界専任という点です。

業界専任だからこそ、業界の転職事情だけでなく働き方や雰囲気も詳しく教えてもらえます。

特に未経験業界への転職を希望する場合、希望業界への憧れが強く、理想と現実にギャップが生じている場合があります。

業界専任のキャリアアドバイザーから実際の業界の特徴を事前に聞いておくことで、転職後のギャップを減らせるでしょう。

マイナビエージェントはこちら

マイナビエージェントについて詳しく知りたい方は「マイナビエージェントの評判は悪い?ひどい?口コミをもとにメリット・デメリットを徹底分析!」をご覧ください。

転職して1ヶ月で辞めたくなったら、まずは気持ちと状況を整理しよう

転職して1ヶ月経った頃、新しい環境に馴染めないことで会社を辞めたくなる人は多くいます。

しかし転職して1ヶ月では、まだまだできないことや慣れないことが多いのは当然のことです。

辞めたいと思ってすぐに転職するのではなく、まずは気持ちと状況を整理しましょう。

しっかりと見極めてみると、抱えている不満やストレスは行動次第で解消できる場合もあります。

しかし、場合によっては今の会社が本当に自分に合っていないということも考えられます。

その場合は無理をして留まるよりも、転職も視野に入れることが大切です。

転職エージェントを上手く活用しつつ、理想の職場環境を見つけましょう。