就活がうまくいかない人の原因や特徴は?辛い状況を乗り越える方法を解説

就活がうまくいかない人の原因や特徴は?辛い状況を乗り越える方法を解説

就活がうまくいかない不安やプレッシャーは、当事者でなければ計り知れないものがあります。

「このまま就活を続けてうまくいくだろうか…」「何でこんなにもうまくいかないんだろう…」と不安に思ってしまう人も多いでしょう。

しかし、不安に思ったときこそ就活がうまくいかない原因を突き止めて、対策することが大切です。

この記事では、就活がうまくいかない原因を解説します。また、辛い状況を乗り越えるための対策も解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

なお、就活がうまくいかないと感じる人には、P-CHAN就活エージェントがおすすめです。専門のアドバイザーが親身になって相談に乗ってくれるため、不安な状況や気持ちを解決しながら就活を進められます。

就活がうまくいかない人や不安がある人は、P-CHAN就活エージェントを利用すると良いでしょう。

P-CHAN就活エージェントに無料相談をする

就活がうまくいかないと感じる就活生は非常に多い

就活がうまくいかないと感じる就活生は非常に多い

実は、就活がうまくいかないと感じる就活生は非常に多いです。HR総研が調査したデータによると、約7割の学生が就活に不安を覚えていると回答しています。

代表的な理由は以下の通りです。

  • 面接が苦手だから
  • 自己分析ができていないから
  • エントリーシートが大変そうだから
  • 業界研究ができていないから
  • 志望業界・企業が決まっていないから

また、マイナビ実態調査によると、第一希望の企業から内定をもらえる割合は46%と半数にも満たないというデータもあります。

就活生の半数以上は第一希望の企業から内定をもらえないため、就活がうまくいかないと感じることは、ある意味当然と言っても過言ではありません。

就活がうまくいかないよくある原因

就活がうまくいかないよくある原因

ここでは、多くの就活生が陥るうまくいかない原因や特徴をまとめて解説します。

就活の軸がしっかりと定まっていない

就活の軸が決まっていないと、企業選びに失敗してしまったり、一貫性のある就活ができなくなったりする可能性があります。

就活の軸とは、譲れない条件のことです。自分の中で軸を作っておくことで、入社後の早期退社やミスマッチを防げます。

企業選びで悩んでいる人や面接時の就活の軸に答えられない人は、一度就活の軸を考え直してみると良いでしょう。

就活の軸の決め方について興味がある方は、「就活の軸の決め方は?具体的な方法や考慮すべき要素を紹介」も読んでみてください。

最低限のビジネスマナーや身だしなみが身に付いていない

就活を成功させるためには、最低限のビジネスマナーや身だしなみが必要です。ある程度のマナーが身についていないと、選考通過が非常に困難になります。

特にアルバイトなどの経験がない学生は、社会人としてのマナーが完璧に身についていないことが多いです。目上の人との話し方やメールの書き方、面接時のマナーなどは、自分で勉強する必要があります。

書類や面接の内容に信憑性が低い

エントリーシートの文章や話すエピソードに具体性がなく、かつ信憑性が低いと判断された場合はマイナス評価を受ける可能性があります。

数多くの就活生と面接している採用担当者は、そのエピソードの真偽をある程度理解できます。仮に嘘だと判断されてしまうと、評価が下がる可能性が非常に高いです。

また、その場で気づかれなかったとしても、自分自身が今後嘘で嘘を塗り固めることになってしまいます。入社してから「あのとき言わなければ良かった」と苦しい思いをしてしまうかもしれません。

受ける企業数を絞りすぎている

受ける企業数を絞り過ぎると、必然的に内定がもらえる企業が減ってしまいます。そもそものチャレンジ回数が少ないため内定が得られず、その結果失敗したように感じてしまうこともあるでしょう。

また、就活生から人気の企業だけを受けている場合も注意が必要です。人気の企業は選考倍率が非常に高く、それだけ内定をもらうことが難しくなります。

就活のエントリー数について興味がある方は、「就活のエントリー数の平均は?5社では少ない?文系や理系別の目安を解説」も読んでみてください。

履歴書やエントリーシートをうまく書けていない

履歴書やエントリーシートが原因で就活が進まないケースは意外と多いです。面接にすら進めないことから「うまくいかない」という意識はより強まってしまうでしょう。

選考の第一関門となる履歴書やエントリーシートは、人柄や自分の強みをアピールするチャンスと言えます。しかし、志望する企業ごとに志望動機や自己PRを分けなかったり、強みが伝わらないような文章を作成したりしてしまうと、書類選考を突破できません。

面接対策がうまくできていない

面接の対策不足が原因で、就活がうまくいっていない可能性もあります。

就活の面接では、受け答えの内容ももちろん重要ですが、それ以外にもコミュニケーションの円滑さやビジネスマナー、言葉遣いなど、さまざまな部分をチェックされています。中でも重要視されているのが、コミュニケーション能力です。

緊張して言葉に詰まってしまう人や面接に慣れていない人は、練習を重ねてコミュニケーション能力の向上を図る必要があります。

新卒の面接マナーについて興味がある方は、「新卒の面接マナーを紹介!対面面接の受付・入室・退室などシーンごとに解説」も読んでみてください。

自己分析が足りていない

自己分析不足で、就活に失敗してしまう人も多いです。自己分析を怠ってしまうと、自分のことを面接官にうまく伝えることができません。そのため、企業も積極的にあなたを採用したいとはならないでしょう。

また、自己分析が甘いと就活の軸も決めにくくなります。就活の軸を決めることは就活で最も重要な項目の1つなので、何度も繰り返して自己分析を行うことが大切です。

業界や企業の分析が足りていない

自己分析と同じく、志望する業界や企業の研究不足も失敗の原因となりやすいです。

企業の立場で考えてみても、理解不足な部分があると「この人は本当にうちに就職したいのかな?」と不審に感じてしまいます。他に「よく調べているな」と感じる就活生がいれば、よく調べている就活生を採用するのが当然と言えます。

業界や企業の分析が不十分であれば、そもそもその仕事が本当に自分に合った仕事なのかも判断ができません。就職後のことを考えても業界や企業の分析はしっかり行うべきです。

イベントやOB・OG訪問などに参加していない

就活イベントやOB・OG訪問に消極的だと、情報量で他の学生に負けてしまうかもしれません。Web上で得られる情報には限りがあるためです。

就活イベントやOB・OG訪問は社員からのリアルな声を聞ける絶好の機会であり、参加する・しないでは情報量に雲泥の差が出ます。

失敗の原因を解決できていない

多くの人にとって就活は初めての経験であり、大なり小なり失敗する人がほとんどです。しかし、就活がうまくいっている人は失敗の原因を自分で突き止めて次に活かしているという特徴があります。

失敗を振り返ることや反省を怠っていると、いつまでも同じことの繰り返しになり悪循環に陥ってしまうでしょう。

P-CHAN就活エージェントに無料相談をする

就活がうまくいかないときの対策

就活がうまくいかないときの対策

就活がうまくいかないときは、原因をしっかり特定し対策をとらなければなりません。ここでは、就活がうまくいかないときの対策を解説します。

就活がうまくいかない原因を見つける

はじめに、どうして就活がうまくいっていないかの原因を見つけることが重要です。原因が分からないと、そもそも改善のしようがありません。

例えば、以下のような部分は必ずチェックしておきたい部分です。

  • 書類選考の文章が悪くないか
  • 面接時のマナーは身に付いているか
  • 受け答えはしっかりしているか
  • 自己分析・企業研究はしっかり行えているか

自分の就活がうまくいかない原因をしっかりと考え、特定した上で就活を進めるように意識することが重要です。

企業が学生に求めているものを理解する

一般的に、企業は新卒に対して即戦力を求めているわけではなく、将来的に貢献してくれるかどうかを見て採用活動を行っています。

さらに言うと、企業が採用基準として重視するのは人柄です。もちろん能力も大事な選考ポイントの1つですが、入社後に会社に馴染めるか、早期退職するリスクはないかなどをより重点的に見ています。

つまり、能力やスキルをアピールすることも重要ですが、それよりも会社に入ってどのようなことがしたいか、どのような面で役に立てるかなどをアピールすることが大切です。

アピールするポイントを工夫するだけでも、書類選考や面接の突破率を上げられるでしょう。

書類や面接におけるマナーを身に付ける

就活をする際は、書類選考や面接におけるマナーを身に付けておきましょう。マナーが身に付いていない状態で選考を受けても、そもそも選考の土俵にすら立てない可能性があります。

最低限、以下のマナーは身に付けておくべきです。

  • メールや書類に略語や口語を使わない
  • 誤字脱字がないよう注意する
  • 分かりやすい文章を心掛ける
  • 面接の入室や退室のルールを理解する
  • 時間に余裕を持って受付を済ませる
  • 面接後は合否に関わらずお礼のメールを送る

当たり前のように思えますが、意外とできていない人が多いためチェックしておきましょう。

自己分析や業界・企業分析を念入りに行う

就活で自己分析や業界・企業分析は必須と言えます。しっかりと分析できているかを改めて確認してみましょう。

自己分析ができていないと就活の軸が決まらないだけでなく、どのような企業に自分が向いているか、どのような業界を受けるべきかが定まりません。

業界・企業分析についても同様で、企業の良さや業界の仕組みが分からないと、自分がどのように活躍できるのか、どのような面で向いていると思ったのかなどを企業に伝えられません。

就活をスムーズに進めるためにも、自己分析や業界・企業分析は入念に行いましょう。

模擬面接で練習しておく

書類選考ももちろん大事ですが、面接対策も徹底的に行っておきましょう。

就活には多くの過程がありますが、中でも重要度が高いのが面接です。特に日本の新卒採用では人柄やポテンシャルを重視する傾向があるので、TPOに適切に合わせられるコミュニケーション能力が問われます。

また円滑なコミュニケーションを取るためには、自己分析や企業研究も必要です。模擬面接を繰り返せば、自己分析や企業研究が十分にできているかどうかも図れます。

面接に大きな不安がある人は、模擬面接の様子を撮影しながらどういった部分がダメなのかを研究してみると良いでしょう。

説明会などの就活イベントに参加する

企業と直接コンタクトがとれる説明会などのイベントには、積極的に参加するべきです。社員のリアルな声を聞くことは、志望動機のブラッシュアップにもつながります。

また就活イベントに参加すれば、同じ大学以外の就活仲間に出会える可能性もあります。大学内では得られなかった有力な情報を得られるケースもあるため、余裕があれば他の参加者に声をかけてみましょう。

視野を狭めずさまざまな規模の企業に応募する

なかなか内定が出ない状態が続くようなら、さまざまな規模の企業に応募するのも1つの方法です。知名度が高い企業や大手企業は確かに魅力的ですが、その分選考倍率は高くなります。

内定がない状況だと気持ち的にも焦りが生じるため、比較的内定をもらいやすい中小企業やベンチャー企業で内定をもらってから、大手企業に挑戦する方法をおすすめします。内定がある状態なら焦りもなくなり、満を持して大手企業の選考に臨めるでしょう。

また、そもそも大手企業の雰囲気や仕組みが自分にあっているとは限りません。実際に入社してみると、ベンチャー企業や中小企業が向いていたということも多いです。

大手企業にこだわりすぎず、さまざまな企業に応募してみましょう。

就活エージェントやキャリアセンターを利用する

就活で不安な部分が出てきたときや悩んでしまったときは、自分一人で考えず、第三者の意見を聞くことも効果的です。不安や悩みがあるときは、就活エージェントや大学のキャリアセンターなどを活用しましょう。

今まで多くの就活生を見てきた経験豊富な担当者から客観的な意見を聞くことで、就活がうまくいかない理由が浮き彫りになってくるはずです。

P-CHAN就活エージェントに無料相談をする

就活がうまくいかないときに持つべき考え

就活がうまくいかないときに持つべき考え

就活をうまく進めるためには、さまざまなことを意識しなくてはなりません。ここでは、就活で失敗しないために意識すべきことを解説します。

完璧主義にならない

就活では完璧主義にならないことも大切です。企業選びで妥協すべきというわけではありませんが、さまざまな選択肢を作り、そのどれかがうまくいけば良いと考えることをおすすめします。

また、面接で「100%の自分をアピールしたい」と全てを完璧にしたい気持ちもあるかもしれませんが、それが内定に必ずしも結びつくとは限りません。さらに、細かい部分ばかりを気にしていると精神的にも辛くなってしまいます。

就活は長期戦とは言え、自分の限られた時間で行うことなので、妥協するべき点とそうでない点をしっかりと決めて行動することが大切です。

他の就活生と比べない

就活を進めるうえで、自分と他の就活生を比べることはやめましょう。他の就活生と比べても得られるものはなく、自分の就活のペースを乱す原因にしかならないからです。

そもそも就活の進め方は、人によって大きく異なります。その人その人に合った進め方が存在するため、無理に他人と比較しても意味がありません。

他人と自分の就活は、軸も異なれば入りたい企業も全くの別物です。比べても得られる情報は少ないため、自分のペースで就活を進めましょう。

就活が人生の全てだと自分を追い込まない

就活はあくまでも今後の人生を生きていくための手段の一つであり、目的ではありません。

仮に今回うまくいかなくても、今後チャンスは必ず訪れます。

ときには「自分なら大丈夫」「頑張ればなんとかなるだろう」と楽観視することも大切です。

自分に合う1つの企業と縁があれば成功と考える

仮に多くの企業に落ちても、自分が希望する企業から内定がもらえれば成功と考えることも重要です。この考え方を持っておくと、多くの企業から不採用通知が来ても「よし、次に行こう」と就活を続けられます。

最終的に何社から内定をもらっても、あなたが入社する企業は1社のみです。たくさんの内定をもらうことに、大きな価値はありません。自分に合った1社を見つけられれば成功と考えておきましょう。

辛くなったら休む選択肢を取り入れる

もし就活が体力的にも精神的にも辛いのであれば、思い切って休むことも必要です。

ハメを外しすぎない程度に友人と遊びに行ったり、就活から少し離れてみたりすると、また新しい考えが生まれることもあります。

就活がうまくいかないときは原因を特定して就活を進めよう

就活がうまくいかないときは原因を特定して就活を進めよう

初めて就活をする学生にとって、就活がうまくいかないと感じるのは当然のことです。この記事でも紹介した通り、7割前後の就活生はうまくいっていないと感じています。

うまくいかないと感じたときは、原因を特定し、それに対処した上で就活を進めることが重要です。まずは、うまくいかない原因をはっきりさせることが大切です。原因を特定したうえで就活を進めることで、おのずと結果はついてきます。

自分で対策をするだけではどうしてもうまくいかないと感じる人には、「P-CHAN就活エージェント」がおすすめです。専門アドバイザーが親身になってサポートしてくれるので、悩んでいる人はP-CHAN就活エージェントの活用も検討してみましょう。

P-CHAN就活エージェントに無料相談をする

関連記事

新卒でフリーターはやめた方が良い?正社員と比較した際のメリット・デメリットを解説

新卒でフリーターはやめた方が良い?正社員と比較した際のメリット・デメリットを解説

ジョブコミットの評判・口コミがやばい?怪しい・電話がしつこいなど声の理由や料金、退会方法を解説

ジョブコミットの評判・口コミがやばい?怪しい・電話がしつこいなど声の理由や料金、退会方法を解説

キャリアチケットとは?評判や口コミ、利用がおすすめの人も紹介

キャリアチケットとは?評判や口コミ、利用がおすすめの人も紹介

この記事の監修者

P−CHAN就活エージェント

P−CHAN就活エージェント

創業60年。一貫して人材サービスに携わり、累計2万社を超える企業の採用を支援。
東京・神奈川・埼玉・千葉の1都3県を中心にサービスを展開。
数多ある企業の中から、平均年収・研修制度・福利厚生、働きやすさなど、様々な審査をクリアした厳選した求人のみを取り扱う。

P−CHAN就活エージェント無料就職相談センターまずはお気軽にご相談ください!