「転職活動が辛い」と感じる人へ!よくある辛い理由と4つの乗り越え方

公開日:2021年10月21日 更新日:2021年11月28日

「転職活動が辛い」と感じる人は少なくありません。

今の仕事や前の仕事に不満があって転職活動を始めたのに、いざ転職活動をしてみると上手くいかず、「この活動自体が辛い」と感じてしまうこともあるでしょう。

この記事では、転職活動が辛いと感じる理由と、辛い時期を乗り越えるための4つの方法をご紹介します。

転職活動が辛いのはなぜ?よくある4つの理由

転職活動が辛いと感じる主な理由は、以下の4つが考えられます。

  • 希望に合う求人が見つからない
  • いつまで転職活動が続くのか先が見えない
  • 何度面接を受けても内定が決まらない
  • 貯金がどんどん減っていく

転職活動が辛い理由を明確にしておくと、解決策を見出しやすくなります。まずはそれぞれの具体的な理由を見ていきましょう。

辛い理由①希望に合う求人が見つからない

ひとつ目の辛い理由は、自分の希望に合う求人がなかなか見つからないことです。

今より条件の悪い求人しか見つからないと、「今後環境は悪くなる一方なのかもしれない」と悩んでしまうものです。

高望みしている訳ではないはずなのに、給料や待遇が良くない求人しか見つからないと、気分は落ち込んでしまいます。

辛い理由②いつまで転職活動が続くのか先が見えない

いつまで転職活動が続くのか、先が見えないのも辛くなる原因です。

転職活動が思ったより長引くと、いつ転職できるのか分からず不安になります。

さらに、周囲の人は頑張って働いていたり、仕事が上手くいっていたりすると余計辛く感じるでしょう。

辛い理由③何度面接を受けても内定が決まらない

面接を頑張って受けているのに、届くのは不採用の知らせばかりでは、誰でも辛くなります。

また、不採用が続くと「次もダメかもしれない」「転職先を妥協した方が良いかもしれない」とネガティブ思考になります。

内定が決まらない状態は、精神的にダメージが大きいです。

辛い理由④貯金がどんどん減っていく

転職活動中にお金の心配が出てくるのは非常に辛いです。

すでに退職して転職活動をしている場合、収入がないため貯金を切り崩して生活しなければなりません。

就職活動が長引くほど貯金は減っていくので、気持ちにも焦りが生じます。

お金のことが心配になり、「退職する前に転職活動を始めれば良かった」と後悔する人は少なくありません。

おすすめの転職エージェントを見る

転職活動が辛い時期の4つの乗り越え方

転職活動が辛い時期は、以下の4つの方法で乗り越えるのがおすすめです。

  • 「不採用=人間性の否定」ではないと考える
  • 周りの転職経験者に相談してみる
  • たまには趣味や遊びに没頭してストレスを発散する
  • 失業手当を申請してお金の心配を少なくする

それぞれの乗り越え方について、さらに詳しく見ていきましょう。

乗り越え方①「不採用=人間性の否定」ではないと考える

不採用通知が届いて落ち込んでいる人は、前向きに考えることが大切です。

不採用通知が続いていると、「自分はダメなんだ」と否定されている気になりがちです。

しかし、不採用になったのはお互いが求めるものが一致しなかっただけで、人間性を否定されているわけではありません。

もしあまりにも不採用が続くようなら、応募先を見直してみるのも手です。不採用になっても落ち込まず、「縁がなかっただけ」と考えるよう意識してみてください。

乗り越え方②周りの転職経験者に相談してみる

自分だけで辛さを抱え込まず、周りの転職経験者へ相談してみるのも良いでしょう。

誰かに相談すると、不安な気持ちや悩みが解決する糸口が得られるかもしれません。特に転職経験者は共感してくれる可能性があるため、相談相手としておすすめです。

もし知り合いや友人に相談できない場合は、転職エージェントに相談してみましょう。

転職エージェントに相談すると、転職に関する専門的な意見を聞けます。

乗り越え方③たまには趣味や遊びに没頭してストレスを発散する

転職のことを四六時中考えていると、疲れてしまいます。たまにはリフレッシュのために、趣味や遊びの時間を確保してみましょう。

お金が心配で遊ぶのをためらってしまう人は、お金をかけずに気分転換できる方法もあります。

散歩やヨガなど、体を軽く動かすとリフレッシュに効果的です。ストレス発散ができれば、転職を再び頑張る気力が生まれるでしょう。

乗り越え方④失業手当を申請してお金の心配を少なくする

お金の心配があって辛い人は、失業手当の申請を検討しましょう。

失業手当は、雇用保険からもらえる給付金制度の一種です。一定の条件を満たしていれば失業手当をもらえるため、転職活動中の生活費の心配が少なくなります。

なお、失業手当の申請はハローワークでできるので、会社を辞めたら早めにハローワークへ相談へ行くのがおすすめです。

お金の心配があると転職活動にも身が入らないため、失業手当は積極的に活用しましょう。

おすすめの転職エージェントを見る

転職後に「辛い」「辞めたい」とならないためのポイント

せっかく転職したのに「辛い」「辞めたい」と感じてしまうなら本末転倒です。

転職後に後悔しないためのポイントは2つあります。

  • 企業の口コミサイトで社内事情を確認しておく
  • 転職エージェントを利用して客観的な意見をもらう

それぞれ解説します。

企業の口コミサイトで社内事情を確認しておく

転職する前に、企業の口コミサイトで社内事情をチェックしておきましょう。

社風や社内ルールなどは企業ごとに大きく異なり、その変化が辛さの原因になることがあります。

社内事情をあらかじめ把握しておけば、「転職したけど思っていた職場と違った」という事態を防ぎやすいです。

転職エージェントを利用して客観的な意見をもらう

転職エージェントに相談し、転職先が自分に合っているかどうか客観的な意見をもらうのもおすすめです。

転職活動中は「早く転職したい」という気持ちから、つい冷静な判断を欠いてしまうことがあります。

しかし転職後に企業とのミスマッチに気付き、「辛くてもう辞めたい」となるのは避けたいところです。

転職エージェントは、転職先の雰囲気や内部事情を言える範囲で教えてくれます。

新しい職場での仕事を具体的にイメージできるため、転職エージェントに意見を求めることも大切です。

なお、転職エージェントを使うなら、「dodaエージェント」と「リクルートエージェント」の2社が特におすすめです。

dodaエージェント

doda

出典:doda

名称dodaエージェント
求人の職種営業・企画・事務・IT・金融・医療など
公開求人数約100,000件
非公開求人非公開
対応エリア全国

※2021年9月時点

dodaエージェントは、豊富な求人数が魅力の転職エージェントです。キャリアアドバイザーのサポートがあるため、困ったときはいつでも相談できます。

またdodaエージェントのキャリアアドバイザーは、転職先に求める条件や希望をカウンセリングで丁寧にヒアリングしてくれます。

転職成功まで一緒に歩んでくれるキャリアパートナーとして、心強い存在になるでしょう。

dodaはこちら

dodaエージェントについて詳しく知りたい方は、「dodaエージェントの悪い評判の真相は?利用者の口コミを徹底分析」も読んでみてください。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

出典:リクルートエージェント

名称リクルートエージェント
求人の職種営業・企画・事務・IT・金融・医療など
公開求人数約110,000件
非公開求人約100,000件
対応エリア全国

※2021年9月時点

業界No.1の転職エージェントが、リクルートエージェントです。全国各地に支店があるため、いつでも気軽に相談へ行ける体制が整っています。

電話やメールでこまめに連絡を取ることも可能で、聞きたいことがあればすぐ質問できます。

さらに求人の取り扱い数も非常に多いため、理想の転職先がきっと見つかるでしょう。

リクルートエージェントはこちら

リクルートエージェントについて詳しく知りたい方は、「リクルートエージェントの評判は悪い?口コミや使うべき人まで詳しく解説」も読んでみてください。

辛さを乗り越えて転職を成功させよう

「良い求人がなかなか見つからない」「不採用が続いている」という場合は、誰でも転職活動が辛くなります。

辛い時期を乗り越えるには、「縁がなかっただけ」と割り切ったり、周囲に相談したりするのがおすすめです。

辛さを乗り越えた先に新しい環境が待っているため、前向きに転職活動を続けてみましょう。

この記事の監修者

木川 雄策

木川 雄策

株式会社ピーアール・デイリー 人材紹介事業部 次長
1998年入社、求人広告・人材紹介事業と募集・採用に携わり入社24年目。
累計10,000人以上の採用・転職に貢献。
メンタルヘルス検定合格 認証番号090720001611