転職活動に疲れたと感じる人へ!7つの原因と対処法を解説

公開日:2022年1月14日 更新日:2022年1月14日

転職活動は、体力的にも精神的にも労力を使います。そのため、スムーズに進まないときに疲れたと感じる人は多いでしょう。

本記事では転職活動に疲れてしまった人に向けて、その原因と対処法を解説します。

疲れを感じずに転職活動を乗り切るためのチェックポイントについても説明するので、ぜひ最後までご覧ください。

転職活動に疲れたと感じる7つの原因

転職活動に疲れたと感じる人は、何かしらの原因を抱えています。転職活動で疲れてしまう原因としては、主に以下の7つが挙げられます。

  • とにかく忙しいから
  • 失敗して自信を失うから
  • 面接の日程がなかなか決まらないから
  • 周囲にバレないように転職活動するのが大変だから
  • 思わぬ出費がかさむから
  • コロナ禍の制限が大きいから
  • 退職の手続きが大変だから

まずは、それぞれの原因について詳しく紹介します。

とにかく忙しいから

転職活動に伴うさまざまなタスクをこなすことで、疲れてしまう人は多いです。

たしかに転職をより良いものにするためには、業界や仕事に関する情報収集が欠かせません。また、応募先の企業へ提出する履歴書の作成には時間がかかります。

そこで忙しくならないためには、あらかじめスケジュールを考えて計画するべきです。時間に余裕がなくなると、疲れたと感じてしまいます。

失敗して自信を失うから

不採用の通知が届くと気分が落ち込んでしまいます。そして、精神的に疲れて転職活動がストップしてしまうこともあり得るでしょう。

しかし、不採用通知は自分のスキルや経験を否定するものではありません。企業が求める人物像と自分がマッチしなかっただけです。

また、転職サイトにある成功談ばかりを見ていると、自分と比較してしまい自信を失うことにつながります。転職の成功談だけを見ず、比較しすぎない意識が重要です。

面接の日程がなかなか決まらないから

面接の日程がなかなか決まらないと転職活動が滞ってしまいます。メールや電話でのやり取りを何度も繰り返し、疲れたと感じることもあるでしょう。

日程や時間帯は、必ずしも企業に合わせる必要はありません。希望を伝えれば、企業が柔軟に対応してくれるケースもあります。

周囲にバレないように転職活動するのが大変だから

転職活動をしていることを、周囲に隠したいと思っている人も多いでしょう。

しかし、パソコンやスマホ画面の表示によって、転職活動が周囲に知られることがあります。

また、仲の良い同僚から社内に広がったり、SNSの投稿から気づかれたりする可能性もあります。

それら1つ1つを気にして転職活動すると、疲れてしまう原因になってしまうでしょう。

思わぬ出費がかさむから

交通費や宿泊費などにより、思わぬ出費がかさむことも考えられます。予測もしない出費があると、転職活動の疲れにつながりかねません。

精神的な疲れを感じないためにも、貯金が少ない状態での転職活動は避けるべきです。

コロナ禍の制限が大きいから

新型コロナウイルスの流行に伴い、募集を減らす企業もあります。また対面での面接や企業見学が行えないなど、コロナ禍で行動が制限されることも多いです。

ただし、新型コロナウイルス流行の収束の兆しが見えてきたことで、通常通りの採用へと戻る企業が増えています。

コロナ禍の制限による疲れは、次第になくなっていくかもしれません。

退職の手続きが大変だから

退職の手続きには、多くの事務的な手続きが発生します。

例えば、退職届の提出や会社から支給されている物の返却、業務の引き継ぎや健康保険などの公的な手続きがあります。

退職には何かと時間と手間がかかるので、あらかじめ流れを把握しておかないと疲れを感じてしまうこともあるでしょう。

おすすめの転職エージェントを見る

転職活動に疲れたときの3つの対処法

転職活動に疲れてしまっても、それでも転職したいと思う人は多いでしょう。転職活動で疲れてしまったときの対処法は、以下の3つが挙げられます。

  • 休む時間を確保し好きなことをする
  • ネットではなく対面で人に会う
  • 転職エージェントに相談する

それぞれの対処法について紹介します。

休む時間を確保し好きなことをする

転職活動に疲れてしまったら、まずは息抜きのために休む時間を確保し、好きなことをするべきです。ストレスと上手く付き合いながら転職活動すると良いでしょう。

例えば、積極的に太陽を浴びるとリフレッシュした気分で1日を過ごせます。

また頑張ろうと思うまでリラックスしてみたり、趣味に没頭したりしてみるのもおすすめです。

ネットではなく対面で人に会う

メールや電話ばかりで転職活動していると、1人で抱え込んでしまいます。

対面で人と話すことで打ち明けられる悩みもあるので、実際に人と会って話すことは重要です。

転職フェアに参加して希望する企業の担当者に会ったり、旧友に自己分析を手伝ってもらったりすると、今まで知らなかった情報が手に入ることがあります。

転職エージェントに相談する

転職エージェントとは、転職を考えている人を支援してくれるサービスです。

最適な求人を紹介してもらったり、キャリアについてアドバイスを受けたりすることが可能です。

また、転職エージェントに相談すると、自己分析や企業分析を手伝ってくれます。自己分析や企業分析に行き詰まり、疲れてしまった人にもおすすめです。

おすすめの転職エージェントは、以下の2つが挙げられます。

  • dodaエージェント
  • リクルートエージェント

いずれも無料で登録できるので、サポートを受けたい人は登録しておきましょう。それぞれの転職エージェントについて詳しく解説していきます。

dodaエージェント

dodaエージェント出典:dodaエージェント

dodaエージェントは、業界トップクラスの求人数を誇る転職エージェントです。

アドバイザーが厳選した求人のみを提案してくれるので、自分に合った企業を見つけられます。

また、dodaは転職サービスの老舗でもあり、積み重ねてきたノウハウによって転職者満足度No1を獲得しています。

どんな悩みにも真摯に向き合ってくれるので、転職に不安を抱えている人におすすめです。

dodaはこちら

dodaについて詳しく知りたい方は「dodaエージェントの悪い評判の真相は?利用者の口コミを徹底分析」も読んでみてください。

リクルートエージェント

リクルートエージェント出典:リクルートエージェント

リクルートエージェントは人材業界大手の「リクルート」が運営する転職エージェントで、幅広い業界や業種に対応しています。

特に、転職成功実績と保有求人数においては国内トップを誇っており、最も利用者の多いエージェントサービスです。

また、リクルートエージェントには各業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍しており、希望や経験に沿った求人紹介が可能です。

手厚いサポートを受け、たくさんの求人の中から比較検討したい人におすすめのサービスです。

リクルートエージェントはこちら

リクルートエージェントについて詳しく知りたい方は「リクルートエージェントの評判は悪い?口コミや使うべき人まで詳しく解説」も読んでみてください。

今後の転職活動で疲れないためには?チェックしたい3つのポイント

転職活動に疲れてしまった人は、その疲れを解消して気持ちよく再開したいところです。そのためには、いくつかのポイントを押さえておくと良いでしょう。

今後の転職活動でチェックしたいポイントは、以下の3つが挙げられます。

  • 細かく自己分析しているか
  • 転職活動における軸は決まっているか
  • 職種や業種を絞りすぎていないか

それぞれのポイントについて詳しく紹介します。

細かく自己分析しているか

自分の価値観を明確にするためには、細かく自己分析する必要があります。分析がきちんとできれば迷いが減るため、転職先を選びやすくなるでしょう。

まずは今までの経験や考え方などを振り返り、自己分析するのがおすすめです。自己分析をもとに転職活動に臨めば、疲れたと感じることも少なくなります。

転職活動における軸は決まっているか

転職活動における軸を決めておくと企業選びに迷いにくくなるだけでなく、面接時の受け答えに困りにくくもなります。

予測していなかった質問を投げかけられても、自分の軸をもとに判断して答えられるでしょう。

また、あらかじめ転職活動の軸が設定できていると、これからの仕事選びにも一貫性を持つことができ、より良いキャリアの形成につながります。

転職活動を難航させないためにも、まずは転職の理由を明確化させることから始めましょう。

職種や業種を絞りすぎていないか

職種や業種を絞りすぎると、選択肢が減ってしまいます。キャリアの幅も狭まっていくため、広い視点で職種や業種を見ていくと良いでしょう。

また、幅広い選択肢の中から選ぶことで、希望する企業が見つかることもあります。

自分にマッチした企業を発見するためにも、職種や業種を絞りすぎていないかチェックしましょう。

転職活動に疲れたら、1人で悩まず相談を!

転職活動をしていると、さまざまな原因によって疲れてしまうことがあります。

しかし、本記事で紹介したように適切にアプローチしていけば、疲れを感じにくくなるでしょう。

転職に疲れてしまったら、1人で悩まず相談するのがおすすめです。まずは、友達や家族などの身近な人に相談しましょう。

また、自己分析や企業分析を手伝ってくれる転職エージェントはいずれも無料で利用できます。

1人での転職活動に疲れたと感じているのであれば、ぜひ利用してみましょう。