転職するか迷う時はやめたほうがいい?転職するべき人とするべきでない人の違いは?

公開日:2022年1月14日 更新日:2022年1月14日

現在の職場に不満や物足りなさがある場合、転職をするべきか悩む人も多いでしょう。転職するべき人とするべきでない人には、それぞれ特徴があります。

今回は、転職するべきかどうかを判断する際のポイントや、年齢別で確認すべき項目を紹介します。

転職するか悩んだ際におすすめのエージェントも紹介するので、ぜひ参考にしてください。

転職を迷う時はやめたほうがいい?

転職するかどうか迷った際、安易に転職することはやめたほうがいいです。

中途半端な気持ちで転職してしまうと、「よく考えたら転職する必要がなかったかも」と後悔してしまうこともあります。

迷った時は、まずは本当に転職するべきなのかどうかの確認が大切です。

転職の目的を明確にし、それが転職先で達成できると判断した場合は、転職を検討しましょう。

おすすめの転職エージェントを見る

転職を迷う場合に転職するべき人の特徴

転職を迷う場合、転職すべき人の特徴は以下の通りです。

  • キャリアアップを目指している
  • 十分なスキルを身につけている
  • 心身ともに限界を迎えている
  • 人間関係の悪さが改善できそうにない

当てはまる場合は、転職を検討しましょう。

キャリアアップを目指している

目的や目標が明確で、キャリアアップを目指す人は転職すべきです。キャリアアップのしやすさは企業ごとに異なるからです。

キャリアアップの機会がない企業に長く勤めていても、目的や目標が達成できない恐れがあります。

ただし、転職することで実際にキャリアアップが実現できるかどうかは、入念に確認しておきましょう。

十分なスキルを身につけている

すでに十分なスキルを身につけているのであれば、転職して環境を変えても活躍できるでしょう。

また「このまま同じ環境で働いていても、これ以上のスキルアップは見込めない」と感じる場合も、転職を検討すべきです。

十分なスキルを身につけている場合は、転職後に即戦力としての活躍や年収アップが見込めます。

また、新たな環境に身を置くことで、更なるスキルアップも目指せるでしょう。

心身ともに限界を迎えている

残業やパワハラなどで心身ともに限界を迎えている場合は、早めに転職をするべきです。我慢して続けていると、うつ病や適応障害の原因にもなり得ます。

ただし、焦って転職すると再び同じ状況になってしまう恐れもあります。企業選びをする際は、口コミや転職エージェント担当者の意見を参考にしましょう。

人間関係の悪さが改善できそうにない

職場の人間関係が悪いとストレスが溜まり、気持ち良く仕事ができないため、転職を検討すべきです。

一緒に働く人が固定されている場合、自分の努力だけではなかなか人間関係は改善されません。

ただし部署移動などを希望できる場合は、まずは環境を変えられないか行動してみるのも1つの手段です。

おすすめの転職エージェントを見る

転職を迷う場合に転職するべきでない人の特徴

転職を迷う場合に、転職すべきでない人の特徴は複数あります。転職すべきでない人の特徴は、以下の通りです。

  • 目的が明確ではない
  • 現状の不満が給料のみである

目的が明確でない

転職する目的が明確でなく、今後のビジョンがイメージできていない人は転職を避けるべきです。

目的が明確でないまま転職活動をすると、転職自体がゴールになってしまいます。

また、目的が明確でないと新しい企業でも不満を抱え、転職を繰り返す原因にもなります。

「何となく転職したい」という理由は転職失敗につながるので、目的が固まるまでは今の職場で頑張ってみましょう。

現状の不満が給料のみである

給料面だけに不満がある場合は、すぐに転職するべきではありません。給料だけの問題なら、今の職場でも解決できる可能性があるからです。

例えば、資格取得などで昇給を目指す方法です。副業を始めて、副収入を増やす方法もあります。

また、給料だけを見て転職先を選ぶと、仕事内容や職場環境などに対して不満が生じてくる可能性もあります。

目標や将来のビジョンと照らし合わせて、転職すべきかどうか検討しましょう。

おすすめの転職エージェントを見る

20代が転職を迷う際に確認すべきポイント

20代で転職を迷う人が確認すべきポイントは以下の通りです。

  • 今の会社で理想のキャリアを実現できるか
  • 年齢やスキルとともに昇給があるか

今の会社で理想のキャリアを実現できるか

今働いている職場で、思い描くキャリアを実現できるかどうかを確認しましょう。

例えば「海外で働きたい」「大きなプロジェクトを動かしたい」などの理想は、環境によっては実現できない可能性もあります。

また、上司の姿は、将来の自分の姿とも言われます。20代のうちは、将来的に上司のようになりたいかどうかも、転職を検討するうえで大切な判断基準です。

年齢やスキルとともに昇給があるか

数年後に昇給が見込めるかどうかを確認しておくことも大切です。昇給のしやすさは、企業の制度に依存する部分も大きいからです。

年齢やスキルが上がって給料は上がっていかない場合は、転職を検討しましょう。

資格の取得や成績で昇給が見込める場合は、まずは現在の職場で努力してみることが大切です。

おすすめの転職エージェントを見る

30代・40代が転職を迷う際に確認すべきポイント

30代や40代で転職を迷う人が確認すべきポイントは以下の通りです。

  • 即戦力として活躍できるか
  • 年収が下がっても生活できるか

即戦力として活躍できるか

転職先で今あるスキルを活かし、即戦力として活躍できる場合は転職を検討すべきです。

即戦力として活躍できる自信がない場合は、今の職場に残りスキルを磨く選択肢もあります。

30代や40代では、やる気やポテンシャルで内定を得ることは難しいです。転職する場合は、即戦力として評価してくれる企業を選びましょう。

年収が下がっても生活できるか

30代や40代で家族がいる場合、年収が下がって生活ができなくなる転職は避けるべきです。

30代や40代の転職はスキルや経験が不足していると、年収や待遇が悪くなるケースがあります。

大きな年収ダウンは、自分だけでなく家族の生活にも悪影響が出てしまいます。

転職により年収が下がる可能性がある場合は、現在の職場で昇給を目指しましょう。

転職するか迷うときは転職エージェントへの相談がおすすめ

転職に迷う場合は、転職エージェントで客観的なアドバイスをもらうのがおすすめです。客観的なアドバイスをもらうことで、転職の必要性を判断できます。

おすすめの転職エージェントは次の2つです。

  • マイナビエージェント
  • リクルートエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェント出典:マイナビエージェント

マイナビエージェントは、さまざまな転職事情に精通したキャリアアドバイザーが多数在籍している転職エージェントです。

今抱えている悩みに合わせ、転職サポートをしてもらえます。

また、各業界の事情にも精通していることから、どんな企業に転職すべきかのアドバイスをもらえます。

転職すべきか悩んでいる場合、まずはマイナビエージェントに相談してみましょう。

マイナビエージェントはこちら

マイナビエージェントについて詳しく知りたい方は「マイナビエージェントの評判は悪い?ひどい?口コミをもとにメリット・デメリットを徹底分析!」も読んでみてください。

リクルートエージェント

リクルートエージェント出典:リクルートエージェント

リクルートエージェントは、キャリアアドバイザーの質に定評のある転職エージェントです。転職するか迷う場合でも、適切なアドバイスがもらえます。

また、転職を決意した後、スムーズに内定をもらうためのサポートを受けられます。転職に関して不安があるならリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントはこちら

リクルートエージェントについて詳しく知りたい方は「リクルートエージェントの評判は悪い?口コミや使うべき人まで詳しく解説」も読んでみてください。

転職するか迷うなら、まずは目的から見直そう!

今回の記事をまとめると、転職するか迷う場合、以下に該当するなら転職すべきです。

  • キャリアアップを目指している
  • 十分なスキルを身につけている
  • 心身ともに限界を迎えている
  • 人間関係の悪さが改善できそうにない

目的が明確でない人や給与に不満がある人は、まず現在の職場で改善する努力をしてみましょう。

転職するべきかどうか自分で判断できない場合は、転職エージェントの活用もおすすめです。

客観的なアドバイスをもらうことで、転職の必要性を判断できるでしょう。