メニュー

0120-981-461

受付時間:9時〜19時 ※平日のみ

富士市のタクシー求人情報一覧

富士交通株式会社【富士本社】

未経験者大歓迎!2種免許取得費用会社負担!勤務時間の選択可能!子育てタクシー、観光タクシーの仕事もあり!富士交通株式会社の求人情報!

  • 勤務地

    【富士交通株式会社(富士本社)】静岡県富士市瓜島町100番地 【交通アクセス】 マイカー通… 続きを読む
  • 給与

    月給140,000円〜400,000円以上 (正社員で働く殆どのドライバーは月給20万円〜35万円以… 続きを読む
  • 応募資格

    普通自動車免許を取得後3年以上の方 ☆タクシー未経験者歓迎!2種免許取得費用を会社で全額負担します!… 続きを読む

       

富士市のタクシー事情

富士市の有名なタクシー会社には、以下の3つが挙げられます。

  • 富士タクシー㈱
  • 鷹岡タクシー㈱
  • 石川タクシー富士㈱

富士市内には、この他にもタクシー会社がたくさんあります。転職を検討しているならさまざまな会社の求人を見て、自分に合うところを探してみましょう。

タクシーの台数

静岡県の富士・富士宮交通圏のハイヤー・タクシー事業者数は33社で、車両数は475台です。静岡県内全体では事業者数は442社、車両数は4,951台となっています(※)。

同じ静岡県内の静清交通圏・浜松交通圏などの交通圏と比べて、富士・富士宮交通圏のハイヤー・タクシー事業者はそれほど多くありません。

※出典:国土交通省中部運輸局 「一般乗用旅客自動車運送事業者数、車両数及び輸送実績

タクシーの利用者数

静岡県内のタクシー利用者数・運転者数は共に減少傾向にあります。

<タクシー事業の推移:静岡県>

年度法人タクシーの輸送人員個人タクシーの輸送人員
平成29年28,733,205人663,944人
平成30年28,218,579人647,019人
令和1年26,184,261人654,962人
令和2年15,090,617人327,274人
令和3年15,741,052人338,141人

出典:国土交通省 中部運輸局「数字でみる中部の運輸 2023

富士市に限ったタクシーの利用者数のデータは存在しませんが、静岡県全体の傾向から見るに、減少していると予想されます。

主な取り組み

タクシー利用者数の減少を受け、富士市ではタクシーの需要喚起のため、さまざまな取り組みやサービスを進めています。具体的な施策として挙げられるものは以下の2つです。

  • 観光タクシー
  • お産応援タクシー

観光タクシー

観光タクシーは、富士山などの有名な観光地を1人あたり1,000〜3,500円程度と安価で周遊できるサービスです。富士市の補助事業として実施されており、市内の観光業の活性化を図るほか、インバウンド需要も狙っています。

お産応援タクシー

お産応援タクシーは、陣痛時に妊産婦をかかりつけ院まで輸送するサービスです。運転は特別な研修を受けたドライバーが担当することになります。

富士市のタクシー需要は右肩上がりというわけではありませんが、業界全体で積極的に新しい事業やサービスに取り組み、新たな需要を取り込もうとする動きがあります。

富士市のタクシードライバーの平均年収

静岡県のタクシードライバーの平均年収は、2,351,800円(推計額)です。全国のタクシードライバーの平均年収2,804,000円(推計額)と比べ、50万円ほど低い金額になっています(※)。

ただし、富士市に限定したタクシードライバーの平均年収は公開されていないので、上記はあくまで参考です。富士市には歩合制を導入したタクシー会社も多いので、成果次第で年収は変わってくると考えられます。

富士市でタクシードライバーとして転職を考えているなら、富士市内のさまざまなタクシー会社の求人を比較・検討してみましょう。

※出典:全国ハイヤー・タクシー連合会「令和3年タクシー運転者の賃金・労働時間の現況

富士市でタクシー需要が大きいスポット

富士市でタクシー需要が大きいエリアとして、主に以下の5つが挙げられます。

  • 富士山
  • 富士市中央公園
  • 岩本山公園
  • 田子の浦
  • 富士川楽座

それぞれについて、詳しく説明していきます。

富士山

富士山は、言わずと知れた日本の世界文化遺産です。日本一標高の高い山として知られており、国内外から多くの観光客が訪れています。

富士山は山梨県と静岡県の狭間にそびえていますが、静岡県の側から見る富士山は「表富士」と呼ばれ、特に景観が美しいと言われています。

車で向かう場合、「富士山マイカー規制」が実施されているシーズンは5合目以降の高さは自家用車で乗り入れることができません。登山客は県内のタクシー会社が共同で運行するシャトルタクシーを利用します。

富士山周辺では、美しい景観を楽しみに来る観光客だけでなく登山者のタクシー利用も期待できます。

富士市中央公園

富士市中央公園は富士市の中心地にあり、約200種1,800株のバラが咲くバラの名所としてもよく知られています。

野外ステージ・芝生広場・花時計などを擁する市民の憩いの場であると同時に、「富士まつり」やバラのライトアップイベントが行われるなど、指折りのイベント集客施設でもあります。

イベントやお祭りの時期は、家族連れやカップルなどの多くの人出が見込まれるでしょう。

岩本山公園

岩本山公園は、標高193mの岩本山の山頂にある公園です。梅や桜の名所であり、市街を見渡せる夜景スポットとしても知られています。

富士山を背景にした絶景が望めることから、テレビドラマの撮影場所となったほか、週末には散策・ハイキング・ピクニックを楽しむ客で賑わうスポットです。

投げ松明が目玉の「かりがね祭り」は、毎年岩本山公園で開催されています。近年は「富士まつり」「毘沙門天大祭」などをはじめとした富士市4大祭りに匹敵するほど、知名度が高まっています。

田子の浦

田子の浦はしらす漁がさかんな場所です。田子の浦港で水揚げされるしらすは富士市の特産品で、農林水産省のGI保護制度(※)にも認定されるなど全国的に有名です。

生しらす丼や釜揚げしらす丼といった名物グルメがあり、田子の浦のしらすを目当てに県外から訪れる観光客もいます。田子の浦漁協の直売所では生しらすのほか、鮮魚やエビなど新鮮な海産物が販売されています。

※GI保護制度:気候・風土・土壌など、その地域ならではの環境で育まれてきた質や評価の高い産品をその地域の知的財産として保護する制度

富士市でタクシードライバーとして働くメリット

富士市でタクシードライバーとして働くメリットには、主に以下の4つが挙げられます。

  • 積雪の心配が少なく運行しやすい
  • 公共交通機関を利用する客を乗せやすい
  • イベント時にやってくる観光客を乗せやすい
  • 移住者増加により賑わいが期待できる

それぞれについて、詳しく説明していきます。

積雪の心配が少なく運行しやすい

雪化粧をした富士山をテレビなどで見たことのある人は多いかもしれませんが、実は富士市の市街地では雪はあまり降りません。

冬でも市内の平均気温が氷点下になることはほとんどなく、年間を通じて暖かい土地として知られています。雪で運行ができなくなるような日はほとんどないでしょう。

ただし、山間部や北部よりの場所では稀に雪が積もることもあるため、運行エリアによってはスタッドレスタイヤを装着する、エンジンを暖めておくといった対策が必要です。

公共交通機関を利用する客を乗せやすい

富士市は東海道新幹線・東海道本線経由で、東京や名古屋、大阪といった大都市圏へのアクセスが容易です。そのため、都市圏から新幹線に乗って通勤をしたり、週末なら駅周辺で飲み会をしていたりするビジネスマンを乗せやすいでしょう。

また、富士市は車社会のため、市内のバス・電車網はそれほど発達していません。車を運転できない高齢者や、運転に不安のある人などのタクシー送迎需要は高いと考えられます。

観光・イベントにやってくる観光客を乗せやすい

富士市ではさまざまなイベントが定期的に開催されており、見どころは富士山だけではありません。

以下に挙げるものは、市内の代表的なイベントの例です。

  • 吉原祇園祭
  • 富士まつり
  • 甲子秋まつり
  • 毘沙門天大祭
  • 富士山女子駅伝
  • 富士山サイクルロードレース

富士市には豊かな自然の観光資源を活かしたイベントが多く、ときには数万人〜数十万人の人出になることもあります。

四季を通じてイベント・行事の開催が多いため、年間を通じたタクシー需要が期待できるでしょう。

移住者増加により賑わいが期待できる

富士市は、東京など都市圏からのアクセスが良いという利点を活かして、移住者を積極的に受け入れています。「富士市の人口推移グラフ」によると、世帯数は昭和45年から令和5年まで継続的に増加を続けています。

今後も移住世帯が増えていけば、タクシー需要にも結びついてくるでしょう。

富士市でタクシードライバーとして働く際の注意点

富士市でタクシードライバーとして働く際の注意点として、主に以下の3つが挙げられます。

  • さまざまな取り組み・サービスに対応する必要がある
  • 富士市住民の利用は限定的と考えられる
  • 観光案内のための知識や情報収集が必要となる

それぞれについて、詳しく説明していきます。

さまざまな取り組み・サービスに対応する必要がある

コロナ禍で落ち込んだタクシー需要を取り戻すため、市とタクシー業界が連携して、市民のタクシー利用を促すさまざまな施策(お産タクシーや観光タクシーなど)に取り組んでいます。

また、静岡県では配車アプリの導入(富士市は現在対象エリア外)も始まっており、今後こうしたDX化は特定エリアに限らず進んでいくとみられます。

富士市でタクシードライバーとして働くなら、新たな取り組みやサービス、デジタルツールなどへの適応が求められる場面が出てくるでしょう。

富士市住民の利用は限定的と考えられる

富士市統計書令和3年(2021年)版 統計図表」によると、富士市の1世帯あたりの乗用自動車台数は0.91台と、およそ1世帯あたり1台車を保有している計算になります。

つまり富士市は車社会で、移動に自家用を使う住民の割合が高いです。市内には無料駐車場や広い駐車場を有している施設も多く、車での移動に適した街づくりがされています。

首都圏などのように、仕事や日常の移動などで富士市民がタクシーを利用するという場面は考えにくいでしょう。住民のタクシー利用は高齢者や妊婦、病院の送迎など、限られたものになる可能性があります。

観光案内のための知識や情報収集が必要となる

富士市のタクシーの乗客は観光客の割合が多いと予想されます。市の事業として「観光タクシー」に取り組んでいることもあり、観光需要とタクシー利用は切っても切れない関係です。

そのため富士市でタクシードライバーとして働くなら、観光客の求めるスポット情報やイベント情報などはしっかり収集しておく必要があるでしょう。

特に、観光スポットの付近を営業エリアとするタクシー会社に勤務するなら、観光スポットに関する基本的な知識は事前に備えておきたいところです。

富士市でタクシードライバーとして稼ぐコツ

富士市でタクシードライバーとして稼ぐコツに、以下の2つが挙げられます。

  • イベントや観光スポットの情報を押さえておく
  • 効率良く稼げる時間帯やスポットを狙う

それぞれについて、詳しく説明していきます。

イベントや観光スポットの情報を押さえておく

富士市のタクシー利用は観光客がメインと考えられます。そのため、いつ・どこで・どんなイベントが行われるか、どんな乗客がタクシーを利用するかを把握しておき、できるだけ空車率を低くして運行するよう心掛けましょう。

富士市には四季を通じて楽しめる観光スポットが多いため、質の高いサービスを提供できればリピート客も期待できます。

効率良く稼げる時間帯やスポットを狙う

電車での交通アクセスが良好なこと、車社会であることから、買い物やちょっとした移動など、市民のタクシー利用は狙いにくいでしょう。

駅周辺で運行するならバスや電車がなくなる夜の時間帯にビジネスマンを乗せる、観光スポットなら週末や祝日、イベントのタイミングに合わせて営業するといった工夫が必要です。

単に市街を流し運転したり、駅のロータリーに停車したりするなど、「待ち」の営業だけでは乗客を見つけづらい可能性があります。

富士市のタクシードライバーとして働くなら知っておきたいエリアの特徴

富士市は静岡県東部に位置し、人口・世帯数ともに静岡県内では第3位です。世界遺産の富士山に加えて、ミネラル豊富な湧き水など豊かな自然の恵みに支えられた土地です。

商業の分野では潤沢な水資源を利用した製紙業が盛んで、トイレットペーパーやティッシュなどの家庭紙については国内屈指のシェアを持ちます。温暖な気候と水資源が生んだお茶や田子の浦しらす、富士梨など高い人気を誇るグルメも富士市の魅力の一つです。

気候

富士市の年間平均気温は17.5度、最高気温は36.2度、最低気温-3.3度(※)と、年間を通して温暖かつ穏やかな気候です。

冬季は富士山が北方からの風や雪を防いでくれるため、市街地ではほとんど雪は降りません。冬の積雪・降雪に悩まされる心配はないでしょう。

また、1年を通じて日照時間も長いため、暖かく快適に住むことができる場所と言えます。

※出典:富士市公式ウェブサイト「富士市の気象、自慢あれこれ

交通アクセス

富士市は東京・大阪など大都市圏へのアクセスが良好です。新幹線を使えば新富士駅から東京へは約70分、名古屋は90分、大阪は140分で到着します。

富士市に住む人の中には新幹線と在来線を乗り継ぎ、都内の職場まで90分程度かけて通勤しているという人もいます。旅行で東京へ行く場合でも日帰りできるでしょう。

富士市は家賃を抑えたい、渋滞を避けたいという理由で首都圏外での生活を考えている人にもぴったりの場所です。

家賃・物価

富士市は首都圏と比べると地価が非常に安く、賃貸物件の家賃も安い傾向にあります。富士市の約7割の世帯は一戸建てで暮らしており、住宅地も豊富です。

地価の高い首都圏では持ち家が難しいという人でも、富士市でなら広々とした一戸建てに住むことができるでしょう。

富士市の家賃相場は以下の通りです。

  • 1K~2K 4.4~4.7万円
  • 1LDK 5.8万円
  • 2K~2DK 4.7~5.3万円
  • 2LDK 7.1万円
  • 3LDK 7.6万円

※出典:賃貸住宅D-room「富士市の家賃相場情報

ファミリー向けの世帯でも、月の賃料は7万円前後で暮らせます。単身はもちろん、家族で移住するにも持ってこいのエリアです。

地域間の物価差を比較した「消費者物価地域差指数 令和3年結果(総務省)」では、全国平均を100とすると、静岡県は98.4です。富士市単体の物価地域差指数は不明ですが、おおよそ静岡県の物価と同じくらいと考えて良いでしょう。

富士市は首都圏への良好なアクセスを持つと同時に、生活しやすい場所でもあると言えます。

富士市でタクシー求人を探すならP-CHAN TAXIを活用しよう

富士市でタクシードライバーへの転職を考えているなら、P-CHAN TAXIの利用がおすすめです。P-CHAN TAXIは日本全国のタクシー会社の求人・転職情報を掲載している転職サービスサイトです。

コンサルタントによる無料の転職支援サービスも提供しており、相談件数は年間1万件超、利用者満足度No.1を誇ります。

創業50年以上の長い歴史で培った、タクシー会社との太いパイプも強みです。求人票だけでは分からない実際の職場の雰囲気や給与事情なども詳しくお伝えします。

また、P-CHAN TAXIが取り扱うのは、年収・研修制度・福利厚生などの厳しい審査基準をクリアした優良求人のみです。転職でキャリアアップ・年収アップを目指す人や、転職が初めてで不安という人でも安心して利用できるでしょう。

よくある質問

  • 質問1:富士市のタクシー求人は、サイトに何件掲載されていますか?

    回答1:
    2024年02月時点で、1件の求人情報を掲載中です。※非公開求人を除く

  • 質問2:富士市で募集中のタクシー会社について、詳しく知るにはどうしたら良いですか?

    回答2:
    P-CHAN TAXI(ピーチャンタクシー)のタクシー会社・潜入取材レポートをご覧ください。
    富士市の求人情報だけでは分からないタクシー会社の内情を知ることができます。

タクシー業界へ転職を
迷っている方・ご検討されている方
まずは気軽に相談してみよう!