30代女性の転職は厳しい?未経験やスキルなしでも正社員への転職は可能?

公開日:2021年10月21日 更新日:2021年11月28日

30代を迎え、「転職したいけど上手くいくかわからない」と不安に思っている女性の方は多いでしょう。

30代女性の転職は、20代の頃と比べて難航する恐れがあります。しかしポイントさえ押さえておけば、理想の転職は成功させられるでしょう。

本記事では、30代女性が転職を成功させるポイントやおすすめの職種を紹介します。

30代女性におすすめの転職エージェントも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

30代女性の転職が厳しいと言われる理由

30代女性の転職が厳しいと言われる理由は主に下記の4つです。

  • 結婚や出産などのライフイベントが発生するから
  • 子持ちの場合は育児と仕事の両立が難しいから
  • 20代に比べて即戦力として期待されるから
  • 未経験やスキルなしで採用してくれる企業が少ないから

それぞれ詳しく解説していきます。

結婚や出産などのライフイベントが発生するから

30代女性は、結婚や出産などのライフイベントが発生する場合が多いです。

そのため、企業によっては「ライフイベントにより退職する女性が多い」という印象を抱いています。

企業側は基本的に、長く働いてくれる人材を求めています。「結婚しても仕事を続ける」くらいの働きたい気持ちがないと、なかなか採用は勝ち取れません。

子持ちの場合は育児と仕事の両立が難しいから

子持ちの場合は育児と仕事の両立が難しいため、子持ちでない場合に比べて転職は厳しいと言われています。

企業側は「時短勤務や早退が多くなるのでは?」と懸念するため、なかなか積極的に採用できないというケースも見られます。

なお採用選考を行うにあたり、厚生労働省は「公正な採用選考の基本」として、企業側に対して下記2つの考え方を提唱しています。

  • 応募者の基本的人権を尊重すること
  • 応募者の適性・能力に基づいて行うこと

「育児と仕事の両立が難しいと思うから」という理由は上記2つに反するでしょう。

しかし実態としては、「子どもの有無」が選考に影響する可能性はないとも言い切れないのも事実です。

20代に比べて即戦力として期待されるから

企業側は30代女性に対して、成長性がある人材というより「即戦力として活躍できる人材」という印象を抱いています。

成長性を重視して採用するなら、そもそも30代ではなく20代を選びます。

採用担当者が納得してくれるスキルレベルに達していなければ、転職は厳しいでしょう。

未経験やスキルなしで採用してくれる企業が少ないから

未経験やスキルなしの30代女性を、積極的に採用しようと考える企業は少ないです。企業側は、30代女性に対してある程度の経験や知識を求めているからです。

20代のうちに何のスキルも身につけられなかった場合は、転職が難しくなるでしょう。異業種に転職する場合は、さらにハードルが上がります。

おすすめの転職エージェントを見る

30代女性が転職を成功させるポイント

30代女性が転職を成功させるポイントは下記6つです。

  • 転職のハードルが高いことを自覚する
  • 資格や過去の経験を活かして転職する
  • 働き方をライフプランに合わせる
  • 転職理由を明確にする
  • 希望条件に優先順位をつける
  • 転職エージェントを活用する

各ポイントを押さえて、転職の成功確率を高めましょう。

転職のハードルが高いことを自覚する

30代女性の転職はハードルが高いことを自覚しましょう。30代になると、20代のころに比べ求められている能力が異なるからです。

まず、基本的なコミュニケーションスキルや事務処理能力は備わっているものと捉えられます。

「できて当然」のスキルをアピールしても、採用担当者の印象に残ることは難しいでしょう。

当然、20代と同じ気持ちで臨んでも転職活動はうまくいきません。30代の求職者は、将来的な成長性より「即戦力」として期待されていることを理解しましょう。

また、企業側があなたを採用することでどのようなメリットがあるのか伝えられるよう、事前準備を念入りに行うことが重要です。

資格や過去の経験を活かして転職する

30代女性は、資格や過去の経験を活かして転職先を選びましょう。

ほとんどの職種において資格は必須ではありませんが、保有していると転職で有利になる場合があります。具体的には、次のような資格は転職で有利に働きやすいです。

  • ファイナンシャルプランニング技能士
  • 日商簿記検定
  • TOEIC
  • 宅地建物取引士
  • 社会保険労務士

ただし、誰でも簡単に取れるような資格はあまり評価されないので注意しましょう。

例えば3級ファイナンシャルプランニング技能士など、3級以下の資格は評価されにくいです。

また、過去の経験も大きな武器です。資格やこれまでの経験を活かせる仕事なら、即戦力として期待されます。

働き方をライフプランに合わせる

30代女性は、働き方をライフプランに合わせることがポイントです。結婚や育児など今後のライフイベントを考慮しましょう。

例えば、正社員として働いている女性の方が、結婚や育児などで一時的に産休・育休を取ることもあるでしょう。

また、育児がある程度落ち着き仕事に戻れるようになったら、時短勤務で復職するという選択肢もあります。

このように30代女性にとっては、プライベートに合わせた働き方ができる職場選びも大切になってきます。

転職理由を明確にする

転職を成功させるためには、転職理由を明確にしましょう。理由があいまいだと、なかなかあなたに合った企業を見つけられません。

具体的には、なぜ転職したいのか、現状抱えている不満や転職で実現したいことなどを、紙に書き出してみるのがおすすめです。

「転職で叶えたいこと」を整理できれば、あなたに合った職種や働き方が見えてきます。

転職理由を明確にすれば、書類選考や面接でも採用担当者へ良い印象を与えられるでしょう。

希望条件に優先順位をつける

転職で実現させたい条件に優先順位をつけましょう。30代の転職において、希望条件をすべて叶えるのは難しいからです。

条件が多すぎると、全ての条件を満たす企業が見つからなくなります。

絶対に譲れない条件や、ここは譲っても良いというポイントを決めておくことが、転職活動を長引かせないポイントです。

なお、優先する条件は人によって異なります。年収や勤務時間、希望エリアなどあなたにとって大事な条件を考えましょう。

優先順位が高い条件をベースに企業を選ぶと、転職後にストレスを抱えにくくなります。

転職エージェントを活用する

転職を成功させるためには、転職エージェントを活用するのもおすすめです。

転職エージェントは、あなたの転職活動を徹底的にサポートしてくれます。具体的には、次のようなサポートが受けられます。

  • 転職相談
  • あなたに合った求人の提案
  • 履歴書・職務経歴書添削
  • 面接日程調整
  • 面接対策
  • 入社日交渉

1人で転職活動を進めている場合、壁にぶつかったとき相談できる相手がいません。転職に関して不安なことやわからないことを、誰にも相談できない状況は辛いものです。

しかし転職エージェントのキャリアアドバイザーは、どれだけ些細な内容でも相談に乗ってくれます。

キャリアアドバイザーと二人三脚で転職活動を進めることは、30代女性が転職を成功させるために重要なポイントです。

おすすめの転職エージェントを見る

30代女性が転職活動でやってはいけないこと

30代女性が転職活動でやってはいけないことを3つ解説します。下記項目を守れていないと、転職活動が長引いたり後悔してしまう可能性があるので注意しましょう。

  • 事前準備をせずに退職する
  • 未経験職種に転職する
  • ライフプランとキャリアプランを考えない

事前準備をせずに退職する

事前準備せずに今の会社を退職するのは避けましょう。万が一あなたに合った企業が見つからない場合、離職期間中は収入が途絶えてしまうからです。

事前準備とは主に下記2つです。

  • 業界・企業研究
  • 自己分析

事前準備を怠ると、応募企業が求める人材を把握できません。

企業に適性があるかどうかわからない状態で応募しても、書類選考の段階で落とされてしまうことが多いでしょう。

そのため、業界研究や企業研究、自己分析は在職中に進めておきましょう。辞める前に事前準備を進めておくことが、スムーズに転職活動を進めるポイントです。

なお基本的に転職では、転職先が決まってから現職に退職届を出すのが一般的です。

焦って次の職場を選んでしまうことのないよう、現職で働きながら転職活動を進めていく方が安心です。

未経験職種に転職する

30代女性が未経験の職種に転職するのは、できるだけ避けた方が無難です。そもそも、未経験やスキルがない30代女性を積極的に採用する企業は少ないからです。

未経験歓迎の仕事もありますが、給与が低い、あまり責任感のある仕事を任せてもらえないなどデメリットもあります。

過去に経験した職種に絞って求人を探した方が、良い条件の求人が見つかるはずです。

ライフプランとキャリアプランを考えない

ライフプランとキャリアプランのバランスを考えましょう。どちらかを疎かにして職場選びをしてしまうと、働く上でストレスを感じてしまいます。

具体的には、何歳までに結婚・出産したいのか、転職によってどのようなポジションや年収を目指したいのかなどを総合的に考えてみましょう。

ライフプランとキャリアプラン、どちらをどのくらい重視して転職活動を進めるのか決めておくことが大切です。

おすすめの転職エージェントを見る

30代女性が転職で求められるスキル

30代女性が転職で求められるスキルを確認しましょう。30代前半と30代後半で求められるスキルは異なるので、あなたの年代に合う方をチェックしてみてください。

30代前半の場合

30代前半の場合、業界や職種にもよりますが、高いコミュニケーションスキルや事務処理能力などが求められます。

30代前半になると、社会人として必要なスキルは一通り身についていると判断されるのが一般的です。

採用担当者に好印象を与えられるよう、20代よりスキルレベルが高いことをアピールしましょう。

30代後半の場合

30代後半の場合、業界や職種にもよりますが、マネジメントスキルがあると高評価をもらえます。

30代後半になると、30代前半に比べ組織の中でより重要なポジションを任される場合が多いからです。

なお具体的な実績があれば、ハイクラスの転職も可能です。キャリアや実績に自信がある人は、高年収の求人も狙ってみましょう。

おすすめの転職エージェントを見る

30代女性が正社員を目指しやすい職種・業界

30代女性が正社員を目指しやすい職種や業界は下記の5つです。

  • 営業職
  • 販売職
  • 事務職
  • 企画・マーケティング職
  • IT系

それぞれ詳しく解説していきます。

営業職

営業職は、保険や不動産など多くの業界で求められています。物腰の柔らかさをアピールできれば、採用される確率が高いです。

加えて、高いコミュニケーションスキルが身についていることをアピールすれば、採用担当者からさらに高評価をもらえます。

すでに営業経験がある人なら、今までとは違う業界の営業職にチャレンジすることも可能です。

販売職

販売職は、アパレルや化粧品などの業界で募集されています。接客業なので、高いコミュニケーションスキルやヒアリング力が必要です。

対人スキルのほか、資格を保有している場合は転職に有利と言えます。例えば化粧品業界の販売職なら、スキンケアアドバイザーなどの資格があれば有利です。

独学で取得できる資格も多いので、販売職を目指す人は資格勉強も視野に入れてみましょう。

事務職

事務職は、ほぼすべての業界で求められていると言っても過言ではありません。未経験でも応募しやすい職種です。

ただし人気の職種なので、企業によっては競争率も高いです。条件が良い事務職に採用されるためには、ほかの応募者との差別化が求められます。

事務処理能力だけでなく、先を見通したスケジュール管理能力が備わっているなど、スキルレベルの高さをアピールしましょう。

企画・マーケティング職

企画・マーケティング職は、専門的な知識が求められます。過去に経験したことがあるならチャンスです。

また専門性が高いので、将来的にキャリアップも期待できます。実績に自信がある人は、積極的に求人を探してみましょう。

IT系

IT系は、技術的なスキルが求められる業界です。職種はさまざまで、エンジニアやWebデザイナーなど幅広い選択肢があります。

プログラミングスキルなど専門的なスキルがあるならおすすめです。

また、すでにIT業界で働いている人なら、ITコンサルタントなどへのハイクラス転職も視野に入ります。

30代女性向けの転職エージェントを活用しよう!

転職を成功させるために、30代女性向けの転職エージェントを活用しましょう。タイプ別に4つの転職エージェントを紹介します。

  • 総合型①:リクルートエージェント
  • 総合型②:Spring転職エージェント
  • 女性特化型①:LiBzPARTNERS
  • 女性特化型②:type女性の転職エージェント

総合型とは、幅広い業界や職種の求人を取り扱っている転職エージェントのことです。

日本全国の求人を取り扱っているため、希望エリアでの求人を探しやすいメリットがあります。

一方で女性特化型は、女性向け求人のみを取り扱っています。総合型に比べて求人数は減りますが、女性の働き方を考慮した求人が多いことがメリットです。

ここからは、各転職エージェントについて詳しく見ていきましょう。

総合型①:リクルートエージェント

リクルートエージェント

出典:リクルートエージェント

リクルートエージェントは、業界最大級の求人数を誇る転職エージェントです。30代女性向けの求人を始め、あらゆる業界の求人が揃っています。

またリクルートエージェントには、各業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍しているのが特徴です。

専門性が高いため、それぞれの業界や企業に適したアピールができるようになります。

転職を成功させるためには、必ず使いたい転職エージェントの1つです。

リクルートエージェントはこちら

リクルートエージェントの評判について詳しく知りたい方は「リクルートエージェントの評判は悪い?口コミや使うべき人まで詳しく解説」も読んでみてください。

総合型②:Spring転職エージェント

Spring転職エージェント

出典:Spring転職エージェント

Spring転職エージェントは、30代女性向けの求人を多く保有している転職エージェントです。企業とのコネクションが強いため、転職の成功率が上がります。

また、職種別にキャリアアドバイザーが在籍している点もSpring転職エージェントのメリットです。市場価値を正しく判断したうえで、正しいアピールができるようになります。

Spring転職エージェントを活用して、転職の成功率を高めましょう。

Spring転職エージェントはこちら

女性特化型①:LiBzPARTNERS

出典:LiBzPARTNERS

LiBzPARTNERSは、女性のハイクラス転職に特化した転職エージェントです。実績やスキルに自信がある30代女性は積極的に活用しましょう。

また、部署立ち上げやコアポジションに就ける求人もあります。キャリアアップを目指す女性は必見です。

リブズパートナーズはこちら

女性特化型②:type女性の転職エージェント

type女性の転職エージェント

出典:type女性の転職エージェント

type女性の転職エージェントは、実績が豊富な女性向け転職エージェントです。女性が転職を成功させるためのノウハウを確立しています。

さらにtype女性の転職エージェントでは、面接でのメイクアップもアドバイスしてくれます。

転職のイロハから学びたい女性はtype女性の転職エージェントを活用しましょう。

type女性の転職エージェントはこちら

30代女性の転職は事前準備が大切

本記事をまとめると、30代女性の転職が厳しいと言われている理由は主に下記4つです。

  • 結婚や出産などのライフイベントが発生するから
  • 子持ちの場合は育児と仕事の両立が難しいから
  • 20代に比べて即戦力として期待されるから
  • 未経験やスキルなしで採用してくれる企業が少ないから

そこで30代女性が転職を成功させるには、事前準備が欠かせません。転職理由や希望条件の整理、応募企業の情報収集などを丁寧に行いましょう。

また、1人で転職活動を進めるのが不安なら、転職エージェントを活用することをおすすめします。

転職支援実績が豊富なキャリアアドバイザーが、あなたの転職成功をサポートしてくれるでしょう。

この記事の監修者

木川 雄策

木川 雄策

株式会社ピーアール・デイリー 人材紹介事業部 次長
1998年入社、求人広告・人材紹介事業と募集・採用に携わり入社24年目。
累計10,000人以上の採用・転職に貢献。
メンタルヘルス検定合格 認証番号090720001611