メニュー

0120-981-461

受付時間:9時〜19時 ※平日のみ

2021年11月26日

京都府

京都一自由に働けて有給取得率100%!!日本が誇る観光地京都で楽しくゆる~く働ける帝産京都自動車の潜入取材に行ってきた!

  • 0

  • 0

渡部

渡部

タクシー業界の事を猛勉強中です!
韓国が好きが高じて、少しだけ韓国語も話せちゃいます!

こんにちは!P-CHAN TAXI編集部の渡部です!
編集長から、日本が誇る観光地京都にて、70年間も地元のお客様や観光客のお力になり続けている会社があると。
しかも有給休暇の取得率100%。そして勤務時間や休日等自分のペースで自由に働けて、京都で一番楽しくゆるく働ける会社があると聞き、早速行ってきました♪



▲東京駅から新幹線に乗って約2時間!今回は京都駅までやってきました!美味しい食べ物や素敵な観光地が沢山の京都でわくわくしています!
取材まで時間があるので、京都駅を散策してみようと思います♪


▲「Welcome to Kyoto」大きな文字で歓迎してくれています!!!
こんな綺麗な夜景を見ることができる京都をゆっくり観光したくなっちゃいますね!


▲京都駅のタクシー乗り場もしっかりチェックしました!雨なのでドライバーさん達が忙しそうでした。初めて知ったのですが、京都駅には外国人の方向けの優先乗り場があるんですね!さすが日本が誇る観光地「京都」ですね♡

京都駅を散策していたらお腹が空いてきました!実は京都で行ってみたい人気店があるので今から行きたいと思います!!!



▲やってきたのはこちらです!!!!!!!とっても美味しい天津飯が食べられることで有名な「マルシン飯店」さん!!


▲テレビなどでも取り上げられていて、知っている方も多いのではないでしょうか♪この日は雨にも関わらず、オープン前にはすでに行列ができていました。早く食べた~い❤


▲席に着くなり注文したのは、もちろんマルシン飯店さん名物の天津飯!とてもお腹が空いているので大盛りにしちゃいました!
あとは、餃子も美味しそうなので頼んじゃいました☆楽しみ~!!!

待つ事、約10分。。。



天津飯の大盛り到着~~!!
輝かしいです!!!食べる前から美味しいのが伝わりますよね!!!


▲凄く大きな丼です(笑)!さっそく食べていきたいと思います!!!


▲見てください。卵がトロトロです。見ているだけで、お腹が空いてきませんか?


▲大きな口でいただきます!!!




❤美味しすぎます~❤
とろとろなあんかけにふわふわ卵の相性が抜群です><!!行列ができる理由がよ~~~く身に染みてわかります。毎日でも食べたいです!

続いては、一緒に注文した餃子を食べていきます!


▲表面がパリパリで、こちらの餃子も見るだけで美味しいのが伝わりますね♡


▲マルシン飯店さんのキャラクター「龍シローくん」が餃子の美味しいタレの作り方を説明してくれています!


▲龍シローくんの言う通り、酢7割、醤油3割、胡椒をたっぷり。美味しそうな餃子のタレが完成です♡


▲表面パリパリに焼けた餃子をたっぷりタレにつけて、いただきまーす♡


▲天津飯がアツアツで体が熱くなったので、上着を脱いで本格的に食べていきます!
餃子も身がしっかり詰まっていてジューシーで美味しいです!


▲天津飯大盛りがかなりボリュームがあるので、お腹いっぱいになってきましたが!美味しいからどんどん食べられます!


❤お水最高~❤


▲と、いう事で!とっても美味しく完食しました!!凄くおいしかったです!京都に来たらまた絶対食べにきます!!!

取材までまだ時間があるので、観光地の一つである「八坂神社」へ行きたいと思います♪
「八坂神社」は、たくさんの神様が祀られているご利益の高い神社として人気がある有名なスポットです。龍神様が祀られている八坂神社は、縁結びをはじめ、悪縁切り・恋愛成就・夫婦和合・商売繁盛・美として効果の高いパワースポットです。



▲じゃん!!こちらが歴史ある八坂神社です!!国内の大学に通う外国人観光客の綺麗なお姉さんと一緒に写真を撮っていただきました♪コロナの傷も段々癒えつつあり、たくさん観光客が来ていました!


▲八坂神社に来た思い出として、御朱印を貰いたいと思います!


渡部:お願いします!!


▲達筆です。カッコいい!京都での思い出がまた一つ増えました^^

続いて、参拝しに行きましょう~!!



▲私もさっそくお賽銭を投げて、参拝します。


▲どんなことをお参りしたかは、秘密です。(笑)


八坂神社は空気が綺麗で心が浄化された気がします~~!
パワーを貰ったので、今日の取材上手くいきそうな気がしまーす!!

それでは取材時間が近づいてきたので、帝産京都自動車さんに向かいたいと思います。



▲歴史ある帝産京都自動車さんにやってきました!!!!曇り空が本当に悔やまれるー( ノД`)シクシク…


▲待ってましたよ~~~!!と明るい笑顔で迎えてくれたのは、採用担当者の楠元様(左)と今回観光案内をしてくれる小西さん(右)です。


小西さん:本日観光ドライバーとしてお供させていただきます、45歳!入社3年目のエンターテイナー小西と申します!!!よろしくお願い致します!!!!!!


小西さん:ほな、車内を温かくしてありますのでさっそく行きましょか!!!!!


▲ドアサービスに深いお辞儀まで、タクシードライバーさんの鏡のような小西さんです!


▲それでは、さっそく京都観光に行ってみましょう!!乗車しながら、小西さんに色々なお話も聞いてみたいと思います♪



渡部:小西さんは数ある職種の中で、なぜタクシードライバーになろうと思ったのですか??


小西さん:そうですねぇ!自分実はバンド活動をやっていまして、今後長い人生でバンド中心の生活がしたいと思っていたんですね。バンド活動をする中で、海外遠征で1週間休まなあかん事もあったりするので、サラリーマンやと好きな時に長期の休みを取るのが難しいじゃないですか。そんな時に帝産京都自動車のタクシードライバーの求人を見て、休日の多さにまず驚いたんですね。そんな美味しい話があるんか??と思い、話を聞いてみようと思ったことがきっかけです。(笑)

渡部:バンド活動されているんですか!!?お仕事だけでなく私生活も常にエンターテイナーなんですね!(笑)でも、京都だとタクシー会社の数が多いと思うのですが、その中でもなぜ帝産京都自動車さんを選ばれたんですか?


小西さん:理由は、さっき一緒に居た面接官の楠元さんの人柄に惹かれたからです!私の夢を応援していただけるスタンスで、凄く嬉しかったので。
入社してから感じるのは、自分はほんまにこんな良い会社は他には無い!と心から思っているんです。うちの会社は、シフトを自分好みに組んでいただくことができますし、当たり前のことかもしれませんが有給も使いたい時にちゃんと使えます。それに、最低19日乗務のルールを守っていれば4連休も取る事ができるんです。後は、面接の時に聞いていた話と入社してから異なる話が、何一つないところも魅力やと思いますよ!


渡部:えっ!?そんな魅力的な働き方があっていいんですか?!私も、帝産京都自動車さんに入社しようかな・・・(笑)

小西さん:いや、ほんっまにうちの会社はええ会社ですから、ぜひ一人でも多くの方に入社していただけたら嬉しいですね!!!!!

そんな話しているうちに、一つ目の観光地「清水寺」に到着しました!
古都京都の文化遺産でもある清水寺は、四季折々の風景が美しく、京都でも有数の有名観光スポットです。



小西さん:ほな、今から清水寺を案内させていただきます~~!!人気観光地でお客様が多いですから、マスク着用で行きましょう!


▲本堂を目的地に、坂を登っていきます!10月下旬に訪れたのでまさに修学旅行シーズン!学生さん達が沢山いました^^


▲歩いているだけでも、楽しくなってきますね♪♪美味しそうな八つ橋やお団子、抹茶などのお店が沢山並んでいるのでついつい寄り道したくなっちゃいますね(笑)


小西さん:あ!!渡部さん!!あれが三重塔ですよ!!!!


▲「三重塔」高さ30.1mで、三重塔としては日本最大級です。


▲この階段を登った先に、本堂があるそうです!


▲ついに、本堂に到着しました!!!!凄く大きい!広い!歴史を感じます。


小西さん:ここが「清水の舞台から飛び降りる」ということわざで知られる「清水の舞台」です。
このことわざは、強い意志や覚悟を持って何かに取り組むという意味で使われていますが、江戸時代には命を懸けて舞台から飛び降りると願い叶う、などとも噂され、実際に飛び降りた人も少なくないと言われています。
日本にとどまらず世界的にも有名なスポットなので、コロナ前は常に外国から来た観光客の方でいっぱいやったんですよ!あと、なんと驚く事に釘は1本も使用されていないんですよ~。


▲こちらは清水の舞台から見える景色です!!紅葉の時期になると、更に綺麗だそうです!!


▲遠くから見える本堂です。凄く大きくて、迫力がありますよね。

清水寺を堪能したところで、続いては金閣寺に向かいます!またまた、車内で小西さんにお話を聞いていきます♪


渡部:いや~~清水寺凄く綺麗でしたし、小西さんがいろいろ説明してくださったので大満足です♡ちなみに、観光ドライバーになるために必要な資格などはあるんですか??


小西さん:もちろん誰でもできる仕事ではないので、最低限の知識は必須になります。観光地の知識についてのテストや修学旅行研修などを受ける必要があるので、勉強は必要ですね。加えて、観光地への行き方や駐車場の位置を完璧に覚える為の研修があります。

渡部:沢山勉強して、京都の観光地についての知識を身につける必要があるんですね。これから観光タクシードライバーをやってみたい方に対してのアドバイスなどありますか?


小西さん:まず、道の覚え方については半年くらいタクシー乗務の経験を積むことで知識がついてきます。ですから心配されなくても大丈夫やと思います!
あとは、観光タクシーを使うお客様は修学旅行の学生さん達から一般のお客様まで幅広くいらっしゃるので、案内する方々に合わせて楽しませ方を変える必要があると思ってます。自分はやはりエンターテイナーなんで、ほんまに心からお客様全員を楽しませたいんです!!!!なので、歴史以外の美味しいお店の知識やマメ知識などを自分で勉強して増やしたりしてますね(笑)


渡部:さっきも、京都駅で買える美味しいパン屋さん教えてくださいましたよね^^まだ小西さんとお会いしてから3時間ぐらいですが、もう沢山いろんなことをお話してくださるので8時間分くらいの話を濃いお話を聞いた気分です♪


あっという間に二つ目の目的地、「金閣寺」に到着しました。
「金閣寺」は、日本人なら誰しもが知っている金色に輝くお寺ですよね。かつてこの地は西園寺家の別荘でしたが、1397年に足利三代将軍「義満」が譲り受け、舎利殿(金閣)を中心とした「北山殿」を造りました。創建当時、「北山殿」は政治・文化の中心であり、天皇や中国からの使者を迎える場所として使用されていましたが、義満の死後、遺言により寺院となりました。国の特別史跡・特別名勝に指定された鹿苑寺の庭園は、当時の面影を現在に伝えており、1994年に世界文化遺産として登録されました。


▲チケットを購入し、さっそく金閣寺に参りたいと思います!!!


小西さん:渡部さん。。まだ右側を見んといてください。絶対見たらだめですよ。

渡部:ええ!!!わかりました。右を見ないように歩きます。。。

そういって、右をみずに歩いていると・・・・

小西さん:ほな、見てください!!!!!!!!


▲なんと!!!!!!目線の先には、金色に輝く金閣寺が見えるじゃないですか・・・・!


▲皆さん・・・見てください!この光沢が伝わりますか?!思っていたよりも輝かしい金色で驚きました!!!天気がいいと湖に金閣寺が映し出されるそうなんですよ~><見たかったです。。


▲輝かしい金閣寺と一緒に写真を撮りました。でも何か物足りないです・・・


▲小西さん!!!金閣寺に負けないくらいの眩しい笑顔で一緒に記念写真を撮ってくださいました♪

これにて、小西さんとの観光は終了です!私はもう小西さんのファンになりました。次回また京都に来た際には再度小西さんをご指名します(笑)


▲スーパーエンターテイナー小西さん!楽しい時間を本当にありがとうございました♪皆さん、小西さんは移動中も楽しませてくれるのでぜひ観光に来る際には絶対に「エンターテイナー小西」さんをご指名して、観光タクシーに乗ってください!!!絶対に後悔させません!

次は、会社でインタビューを受けてくださるドライバーさんが待ってくれているので向かいましょう!


お待ちしてましたーー!!
部屋に入った瞬間、笑顔で迎えてくれたのは、大槻さん(43歳)と吉田さん(56歳)です!


渡部:本日は宜しくお願いします!まず、お二人のタクシードライバーになったきっかけを教えてください!


大槻さん:私は今までずっと営業職をしていたのですが、営業職をこの先していても何も残るものがないなぁと感じて転職先を探していたのですが、タクシードライバーだったら今より自由が利くようになるのと、自分のやり方次第で効率よく稼ぐ事ができるところに魅力を感じて、応募しました。


吉田さん:自分は、東京で会社役員をしていたのですがある時体を壊してしまったんですね。リハビリをしながら働ける職業はないかと考えた時に、タクシードライバーでしたら休みも多いので、体を労わりながらもしっかり働くことができると思ったことがきっかけです。

渡部:お二人に共通していることは、時間の融通だったり休日を魅力に感じた点ですね!ちなみに、お二人が考える御社の魅力はどんなところですか?


大槻さん:ぶっちゃけ言うと、ほんまに自由なところですね(笑)最低限のルールを守っていれば好き放題できます(笑)


吉田さん:私が思う魅力は、大槻君と同様で自由なところに加えて、休日の振替ができるので融通も利きやすいんです。楠元さんをはじめ、管理者は若い方々が多いのでとても柔軟に考え対応してくれます。
また、新しく会社で取り組もうとしていることを教えてくれたりと、コミュニケーションも取りやすいので安心して働くことができるところも良いですね!あと、実は今日も某大臣の送迎をさせていただいていて、、、、入社歴に縛られずに活躍の場を与えてくれるのも魅力の一つだと思います。

渡部:先程の小西さんもそうですが、皆さんに共通する魅力はやはり「自由」なんですね!!!ただ自由なだけではなく、ドライバーさんの働きやすさを考えてくれることからくる「自由」なんですね。とても働きやすいことが伝わります!


渡部:ちなみに、お二人は現在どんな働き方をしているんですか?


大槻さん:働き方といわれると説明が難しいですが、とにかく仕事したい日に仕事をしている感じです(笑)決められた乗務日数さえきちんと守っていれば、好きな時に休めますし好きな時間に出勤できるので、枠にとらわれた働き方はないんじゃないですかね!

渡部:えっ!そんな自由に…ちなみに点呼は何時から何時の間なんですか?

大槻さん:朝一番早いのは6時15分~11時30分までの間で、30分刻みになっているので、その日その時によって好きに出社することもできます。でも基本的に同じ時間に出社する人の方が多いですけどね。

渡部:自由に働きながら、ぶっちゃけお給料はどのくらいいただけているんですか?

吉田さん:私はコロナ前に京都駅の外国人優先乗り場でのお仕事をしていたのですが、その頃は海外から来た観光客の方々を観光地はもちろんですが、ホテル、空港まで送迎していましたので営業収入で50万以上は余裕で稼げていました。

渡部:私、京都駅で外国人優先乗り場見てきました!東京にはないので、感動して写真を撮っていたんですよ!でも、外国の方の対応には語学力が必要になってくると思うのですが、吉田さんは外国語ができるのですか?!


吉田さん:英語とイタリア語を少しですが、話すことができます。ですが、様々な国からいらっしゃるので自分の語学力では足りないこともあります。そんな時には、自分で購入したポケトークを使い翻訳しています!ポケトークは世界各国の言語に翻訳してくれるので、コロナ前は大活躍していました!やはり、外国の方々もこちらが言葉が通じないと大変な思いされると思いますので、私は少しでもお役に立ちたいと思い自分で購入して使っていました。とても便利ですよ。

渡部:2ヶ国語をお話されるんですね!すごいですね!!!早く外国人観光客が戻って来て欲しいですね!
それでは最後は大槻さんに締めていただきます!これからタクシードライバーや観光タクシーに挑戦してみたいと考えている方々にメッセージをお願いします!

大槻さん:自分は、前職の営業職と比較しても仕事をしていてストレスになることが少ないと感じているので、働きやすい職種だと思っています。もし、この記事を見てタクシードライバーの仕事に挑戦するか悩んでいる方がいらっしゃいましたら一度挑戦してみたらいいと思いますよ!(笑)未経験者でも2種免許費用は会社が面倒みてくれますからね。あとこのお仕事は、色々なお客様と出会えるので人生経験豊かになると思います!!

渡部:ストレスフリーで自由にお仕事しながら、収入を増やしていけるお話はこれからタクシードライバーに挑戦しようか悩んでいる方達の心に響くお話ですね!お二人とも貴重なお時間をありがとうございました!


▲話上手で優しい笑顔の吉田さんと大槻さん!お二人も観光案内をしてくださるので、京都に来た際にはぜひご指名してください♪♪

インタビューのラストは、採用担当者の楠元様にお話をお聞きします!!



楠元さん:まず当社は、京都で初めて修学旅行の観光タクシーを始めた創業70年の歴史ある会社です。実は今日も修学旅行の対応で、40~50台が動いていたんですよ。毎年このシーズンになると11月半ばぐらいまでは、修学旅行の対応でありがたいことに忙しいです。あと、先程のインタビューでみんなが言うてくれてたように京都で一番自由な働き方ができる会社でもあります(笑)


渡部:本当に皆さん口を揃えて「自由」とおっしゃっていたんですよ!!!!自由を実現できているって凄い事ですよね!


楠元さん:そうですね!(笑)自由だけではなく、働きやすさも考えていまして、当社は、年功序列で仕事をお願いするというよりかは新人さんにもいろんなことに挑戦させてあげたいと考えを持っています。日々の勤務態度や研修を通して問題ないと判断した方に対しては平等に仕事がある環境です。
あとは、シフトに関しても出勤時間は決められた時間内やったら好きな時に出てきていいですし、何か今日はちょっとモチベーションも上がらんし休みたいなぁ。みたいな時には、当日に休みの電話をしてきてもらってもこちらで人は揃えますから何の問題もないですよ(笑)
僕はこの仕事って、自分で時給を選べると思ってるんですよね。やる気がある時にしっかり集中して仕事をしたら、短い時間でも時給換算で2000円にでも2,500円にでもできるので、働き方や稼ぎに関しても強要は全くしていません。みんな自分のペースで好きにやってもらってます(笑)

渡部:話を聞いていると本当に魅力的な部分が多すぎて、御社で働きたくなっちゃいますね(笑)ちなみに、楠元さんは採用担当者として数多くの面接をされていると思うのですが、普段面接ではどんなところを重視されていらっしゃるんですか?


楠元さん:趣味がある方たちは凄く大歓迎なので、趣味があるかどうかは必ず聞いてますね。まあ、趣味が無くても採用しますけど(笑)。自分は小さい頃からパン屋さんになりたい夢があってそれを叶えることができたんですが、いざパン屋さんになってみたらやりたかったパン作りをする時間の方が圧倒的に少なかったんですよね。
その反面、タクシードライバーって趣味や自分のしたいことができる仕事だと思っているんです。なんで、皆さんがうちに入ってきてくれて趣味や自分のしたいことをする時間を作ってくれることが僕は嬉しいんで~(笑)

渡部:趣味も尊重してくれるなんて、なんだか家族のような会社ですね!?


▲吸い込まれるような目力で、乗務員さん達のいいところをいつも見ていてくれる楠元さん!京都で一番自由に働くことができる会社であるのは、楠元さんの影の努力があるからこそですよね!!一度お会いしたら楠元さんのお人柄の良さに惹かれる事間違いないです。

最後に帝産京都自動車さんの大きな車庫を見せていただきます!


▲本日観光タクシーで乗せていただいた輝かしいJPNTAXIです!

続いて、先ほどインタビューした吉田さんが乗っている外国人優先乗り場に入ることができるタクシーです!!


▲わ~~~!!アルファードは大きくて迫力があり、かっこいいですね!!!!


▲行燈には、「ForeignFriendlyTAXI」と書いてあります♪東京では、このような行燈を見たことがないので感動です!!!


▲こ~~んなに大きいジャンボタクシーまで兼ね備えてあります!!お客様のニーズに沿った車種を用意できるように全部で7種もあるそうです!!


▲こちらは大槻さん&クラウンです!!


▲車内には、GOアプリタブレットもついてます♪帝産京都自動車さんでは、GOアプリとDIDIの2つを取り入れているそうです♪


▲車庫で撮影している間も沢山のタクシーが出入りしていて、とても忙しそうでした!


▲帝産京都自動車さんは、敷地内に整備工場を設けいるんですよ!!プロの整備士さんが常駐しているので、ドライバーさん達も安心できますね。


▲敷地内に洗車機まで完備されています。


▲なんとガス充てん施設もあります!!!毎日燃料補給を会社の敷地内で行えることはドライバーさん達にとっても非常にメリットですよね。設備の安全性や専任スタッフさんもいらっしゃるので、本当に何一つ心配なく営業できますね。


▲これにて取材終了です!遅い時間にもかかわらず、吉田さんと楠元さんが最後までお見送りしてくださいました・・・なんて優しさで溢れている会社なんでしょうか・・♡


帝産京都自動車株式会社さんの取材を終えて
1946年設立。70年という長い歴史で「京都」のお客様ニーズに合わせた移動手段を提供し続けている帝産京都さん。
ドライバーさん達から何度も出てきた「自由」という言葉は、ストレスフリーで働いて欲しいという考え方や、大人になったからこそ趣味や好きな事をする時間を大切にしてほしいという温かい思いがあってこそ成り立つ働き方だと感じました。
京都が大好きで、観光タクシーをやってみたい!という方や、自分の趣味を大切にしながら自由に働きたいという方にはまさにぴったりの環境だと思います!
この記事を読んで興味を少しでも持ってくださった方は、まずは楠元さんの話を聞いてみてください!タクシードライバーの仕事に対しての固定概念も変わるはずです!沢山のご応募お待ちしてます!!

帝産京都自動車株式会社の会社概要

  • 会社名
    帝産京都自動車株式会社
  • 設立

    1949年8月

  • 資本金

    4,000万円

  • 代表者

    難波 潔

  • 従業員数

    300名

  • 事業内容

    一般乗用旅客運送業

  • 車両台数

    192台

  • 所在地

    〒601-8103 京都府京都市南区上鳥羽仏現寺町1

帝産京都自動車株式会社の求人一覧

  • 求人/勤務地
  • 帝産京都自動車株式会社

    【帝産京都自動車株式会社】京都府京都市南区上鳥羽仏現寺町1

    【交通アクセス】

    近鉄京都線「十条」駅より徒歩5分/マイカー通勤可

この記事を書いた人

渡部

渡部

タクシー業界の事を猛勉強中です!
韓国が好きが高じて、少しだけ韓国語も話せちゃいます!

  • 0

  • 0

タクシー業界へ転職を
迷っている方・ご検討されている方
まずは気軽に相談してみよう!