ウズキャリの口コミ評判は良い?悪い?他転職エージェントと比較した強みやおすすめできない人の特徴!

公開日:2021年7月1日 更新日:2021年9月2日

ウズキャリ(UZUZ)

第二新卒やフリーター・ニートの方の転職に強いと言われている「ウズキャリ(UZUZ)」。

良い評判がある一方で、調べてみると「IT求人ばかり紹介される」「一部エリアしか対応していない」などの悪い評判や不満なども目にします。

それでもニートやフリーターの方の就職はとても難しいので、こうしたエージェントの手を借りた方が賢明です。

今回の記事を読めば、ウズキャリの特徴や口コミ・評判を知ることが出来ます。

またウズキャリがどんな人におすすめか、どんな人には合わないか、他の転職サービスとの違い・比較ウズキャリに関するよくある質問についてもわかります。

UZUZはこちら

目次

ウズキャリの特徴

ウズキャリの特徴
まずはウズキャリの特徴について解説していきます。

  • 既卒・第二新卒向けの求人の多さ
  • アドバイザーが全員元既卒・元第二新卒
  • 充実した研修や就職サポート
  • 優良企業のみを紹介するウズキャリ独自の仕組み

上記がウズキャリの特徴です。

特に、アドバイザーが全員元既卒・元第二新卒ということで既卒や第二新卒の方の就職活動の苦しみを理解しており、あなたの気持ちに寄り添ったアドバイスをしてくれます。

それぞれ具体的に見ていきましょう。

特徴①既卒・第二新卒向けの求人の多さ

ウズキャリの1つ目の特徴は、既卒・第二新卒向けの求人の豊富さです。若い世代のポテンシャルを重視しており、第二新卒層の採用に積極的な企業を豊富に取り揃えています。

採用に積極的なだけでなく、入社後に定着し活躍してもらうように、若年層の教育に力を入れている求人が多いのが特徴です。

特徴②アドバイザーが全員元既卒・元第二新卒

アドバイザーが全員元既卒・元第二新卒という点も特筆すべき点です。20代の方のキャリアがもっと輝き、若い世代がもっとイキイキ働く社会を作りたいという想いをもって、UZUZはサービス運営しています。

アドバイザーの方も元既卒・第二新卒ということで、既卒就活の大変さや苦しさを体験しています。そのため、実体験に基づいた有益なアドバイスをしてくれます。

特徴③充実した研修や就職サポート

ウズキャリは転職サービスだけでなく、研修や就職サポートもとても充実しています。

ウズキャリが提供するウズウズカレッジというサービスでは、インフラエンジニアコース、プログラマーコース、Webマーケターコースの3種類を受けることができます。

そのため、IT・Webのスキルを習得してからこのような業界への転職も狙えます。

特徴④優良企業のみを紹介してもらえる

ウズキャリでは、ブラック企業を排除して優良企業のみを紹介する仕組みを構築しています。ウズキャリ独自の基準から外れる企業は、求職者に紹介されない仕組みです。

労働条件や社会保険といった労働条件だけでなく、長時間残業がないか、教育体制があるかなど、求職者にとって定着しやすい会社かどうか、ウズキャリスタッフが企業に現地確認します。

またウズキャリ経由で入社された方に定期的なフォローが行われ、企業とその方との間にミスマッチが起こっていないか確認しています。

このように、ウズキャリ内で独自の基準を設け、基準を満たした企業のみを紹介するようにしています。

UZUZはこちら

ウズキャリの悪い評判・口コミ

悪い評判
一方、ウズキャリにも悪い評判や口コミもあります。

下記の点が、ウズキャリの悪い評判になっています。

  • 求人数が少ない
  • IT業界以外の求人が少ない
  • 20代しか利用できない
  • サポート地域が限定されている

それぞれ解説していきます。

求人数が少ない

他の大手エージェント業者と比較して求人案件が少ないという点は、マイナス評価になっています。

基本的にウズキャリの扱う求人は、29歳までの既卒・第二新卒層です。その中でも、ブラック企業を排除して定着率の高い優良企業に厳選しているので、求人数が少なくなっているのです。

大手の転職エージェントと併用してウズキャリに登録しました。

個人的には大手と併用して登録するメリットはないかな、という感じです。理由は紹介してもらえる求人数があまり多くない上に独占求人もない印象を受けたからです。IT系に求人が偏っているようなので、私が合わなかっただけかもしれませんが。

たけし(27歳 / 製造業(鉄鋼業・非鉄金属・金属製品) / 営業・販売)

IT業界以外の求人が少ない

ウズキャリが紹介する求人の業種・職種はIT系に偏っています。

公式HPによると、紹介企業の業種の約40%がソフトウェア・通信業で、職種の約50%がエンジニアです。それ以外の業種や職種は、他の業種と比較すると少ないです。

この要因として考えられるのは、先ほど紹介したウズウズカレッジの存在です。インフラエンジニア・プログラマー・Webマーケターのスキル研修を施してから企業に紹介するので、必然的にIT業界の求人が多くなるのです。

ウズキャリに登録してみましたが、IT系の求人ばかり紹介されました。私は色んな業種・業界の求人を見て転職先を吟味したかったので残念に感じました。

IT業界以外も視野にいれて転職活動を進めたい方には不向きかもしれません。

saya(26歳 / その他情報サービス業 / 情報処理(システム)

20代しか利用できない

ウズキャリは既卒・第二新卒に特化した転職サービスを運営しています。第二新卒は一般的には20代を指しているので、30代以上の方はウズキャリのが対象とする層とはズレてしまいます。

実際に、30歳以上の方がウズキャリに登録しようとしたところ、「30代になってしまうと紹介できる求人がありません」と断られてしまったという事例もあるようです。

30歳になるタイミングで転職を検討していた為、ウズキャリに登録しました。

未経験業種への転職を検討していたこともあって、20代未経験に特化しているウズキャリなら大丈夫かなと思いましたが、30歳を対象にした求人はなく紹介できないと言われてしまいました。

てつ兄(31歳 / その他サービス業 / その他(該当なし)

サポート地域が限定されている

ウズキャリでは、大都市圏以外でのサポート地域が限定されている点も不満のもとになっています。

現状ウズキャリでは、東京、神奈川、大阪、福岡、名古屋をメインで扱っているため、それ以外のエリアでの転職サポートは手薄です。

ただし、上記以外の地域に居住の方でも、電話やメール、Skypeなどを利用してサポートを受けることはできます。

地元(四国)への転職も視野に入れて転職活動を行っていました。当時は複数の転職エージェントに登録していたのですが、大手に比べてウズキャリは地方の紹介求人数は非常に少なかったです(たしか1件あったかどうか)。

私が提示した条件が厳しかったこともあるのかもしれませんが、地方への転職も検討している方はあまり活用できないかもしれません。

みみ(29歳 / その他情報サービス業 / 経営・事務企画)

UZUZはこちら

ウズキャリの良い評判・口コミ

ウズキャリ 良い評判
ウズキャリの良い評判や口コミとしては、下記のような声が上がっています。

  • 親身なサポートが受けられる
  • 研修サービス「ウズウズカレッジ」でITスキルを身に付けられる

という点が好評です。

親身なサポートが受けられる

親身にサポートしてくれる点は、ウズキャリについてよく聞く評判です。

ウズキャリでは他のエージェントと比べて、なんと10倍もの時間をかけて転職をサポートしてくれます。

ウズキャリのアドバイザーが元既卒・元第二新卒ということで、既卒就活の難しさを肌で感じていますので、あなたに寄り添って親身になって相談に乗ってくれます。

いくつかの転職エージェントに登録していましたが、僕はウズキャリのサポートが一番よかったと感じました。キャリアの考え方や面接対策まで親身になってアドバイスをくれたので、納得感のある転職を実現できました。もうすぐ30代になるので次回転職する時にはもう利用できないというのが残念です。

ナナシ(29歳 / その他情報サービス業 / 営業・販売)

研修サービス「ウズウズカレッジ」でITスキルを身に付けられる

ウズキャリでは、ウズウズカレッジを受講して、ITスキルを身に付けながら転職活動ができる点も好評です。インフラエンジニア、プログラマー、Webマーケターコースの3種類から研修を選んで受けることができます。

また、ゼミのように集団講義を受けるので、仲間を作りながらスキルを身に付けることができます。ITスキルを身に付けたうえで就職活動に臨むことができるので、IT系企業からの内定を獲得しやすいです。

プログラミングについて全く経験はなかったのですが、将来の不安から手に職をつけたいと思いウズウズカレッジに登録しました。研修内容は非常にわかりやすく、文系の私でも1ヶ月間の研修でプログラマーとして採用されたので満足しています。ウズカレで一緒に勉強した人とは今でもプライベートで遊ぶ仲になり、エンジニア仲間が社外にいるのも嬉しいです。

767(27歳 / 保険業 / 営業・販売)

UZUZはこちら

ウズキャリはどんな人におすすめ?

おすすめポイント
上記のような特徴・口コミを持つウズキャリは、

  • 20代の方
  • ニートやフリーターなど職歴に自信のない方
  • IT系などで手に職をつけたい方

におすすめです。

20代の方

ウズキャリの抱える求人のほとんどが第二新卒向けの求人のため、20代の方にとってはウズキャリを利用することで受けられる恩恵は多いです。

アドバイザーの方も第二新卒での転職を経験しているので、転職ノウハウや心理的なサポートも受けることができます。

ニートやフリーターなど職歴に自信のない方

ニートやフリーターなど、職歴に自信のない方にも、ウズキャリはおすすめです。ウズキャリでは、多くのニートやフリーターの方を転職成功に導いた実績があります。

またウズウズカレッジをはじめ、社会人としてのマナーについての研修なども無料で受講できるので、スキルアップを図りながら転職活動をすることができます。

IT系などで手に職をつけたい方

ウズキャリが抱える求人の多くはIT系職種や営業職です。特にIT系職種は全体の約50%を占めているので、手に職をつけたい方にはウズキャリを利用をおすすめします。

先ほどご紹介したウズウズカレッジを活用して、ITスキルを身につけた上で就職活動をすることができるので、手に職をつけたい方にはうってつけのサービスです。

UZUZはこちら

ウズキャリと相性が悪いのはどんな人?

相性が悪い
一方で、

  • 30代以上の方
  • 職務経歴に自信があり、これまでの経歴を活かしたい方
  • たくさんの求人から選びたい方
  • 東京や大阪などの大都市以外で働きたい方

には、ウズキャリは相性が悪いです。

30代以上の方

ウズキャリは第二新卒に特化した転職サービスのため、30代以上の方にとってはメリットを感じづらいサービスです。30代以上の方は紹介できる案件がないと、断られる可能性もあります。

職務経歴に自信がありこれまでの経歴を活かしたい方

職務経歴に自信があり、これまでの経歴を活かしたい方にも、ウズキャリは合いません。

ウズキャリの求人の多くは未経験・若年層採用のため、経験者の方にとっては年収面でも業務面でも物足りないと感じる可能性が高いです。

これまでの経歴を活かしたい方は、他のエージェントを利用した方がメリットが大きいです。

たくさんの求人から選びたい方

たくさんの求人から選びたい方もウズキャリとは相性が悪いです。

ブラック企業を排除し優良求人を厳選して扱うウズキャリは、当然抱える求人件数が他のエージェントよりも少ないです。多くの求人から選びたい方は、他のエージェントを利用しましょう。

東京や大阪など、大都市以外で働きたい方

東京や大阪などの大都市以外で働きたい方は、ウズキャリはおすすめしません。

現状ではウズキャリの求人のほとんどは東京、神奈川、大阪、福岡、名古屋など、大都市圏です。エリア求人はほぼ扱っていないため、上記以外のエリアで働きたい方には相性が悪いです。

UZUZはこちら

ウズキャリと他の既卒・第二新卒向け転職エージェントを比較

他のサイトと比較
ウズキャリの類似サービスは以下が挙げられます。

  • DYM就職
  • 就職SHOP
  • ハタラクティブ
  • マイナビジョブ20’S
  • いい就職ドットコム

それぞれのサービスとの比較について解説していきます。

求人案件数

ウズキャリとその他転職エージェントとの求人案件数の比較は、下記の通りです。

転職エージェント名求人案件数
ウズキャリ約1,000件
DYM就職約2,000件
就職SHOP約8,500件
ハタラクティブ約2,500件
マイナビジョブズ20’s約2,000件
いい就職ドットコム約4,700件

見てわかる通り、ウズキャリの求人案件数は他の転職エージェントよりも少ないです。

求人件数においては、「就職SHOP」が圧倒的に強いです。運営母体がリクルートという大手企業のため、企業とのネットワークが非常に強いです。

地方求人の充実度

ウズキャリと他の転職エージェントの、地方求人の充実度について比較していきましょう。

転職エージェント名関東対応エリア関西対応エリアその他対応エリア
ウズキャリ東京、神奈川大阪愛知、福岡
DYM就職東京、神奈川、千葉、埼玉大阪、京都、兵庫札幌、宮城、静岡、愛知、岡山、広島、福岡、熊本
就職SHOP東京、神奈川、千葉、埼玉大阪、京都、兵庫なし
ハタラクティブ東京、神奈川、千葉、埼玉大阪、兵庫愛知、福岡
マイナビジョブズ20’s東京、神奈川、千葉、埼玉大阪、京都、兵庫、奈良、滋賀愛知、岐阜、三重
いい就職ドットコム東京、神奈川大阪愛知

見てわかる通り、ウズキャリの求人は「東京、神奈川、大阪、愛知、福岡」に偏っており、地方求人は充実していません。

地方の求人については、DYM就職とマイナビジョブ20’sが強いです。それぞれのエリアに拠点を構えており、就職サポート体制が整っています。

他のサービスにはないウズキャリの強み

求人件数や地方求人の充実度については他のエージェントに劣りますが、

  • 1人あたり他社エージェントの10倍もの時間をかけてサポートしてくれる手厚さ
  • ウズウズカレッジのように、スキルを身に付けながら転職活動ができる

という点が、他のサービスにはないウズキャリ独自の魅力です。

UZUZはこちら

ウズキャリと他の転職エージェントは併用すべき?

他のエージェントと併用すべき?
ウズキャリと他社エージェントの併用はすべきでしょうか?

IT系に強いこだわりはなく、それ以外の職種も視野に入れたい方や地方での就職をしたい方は、ウズキャリ以外のエージェントも併用して活用した方が良いです。

一方で、IT系職種に未経験で転職したい場合は、ウズウズカレッジで拘束される時間を考慮すると、他のエージェントを併用する必要はありません。

UZUZはこちら

ウズキャリを利用するにあたり気を付けるべきポイント

注意すべきポイント
ウズキャリを利用するにあたっては、以下の3点には最低限気を付けるようにしましょう。

  • 転職先が決まるまで2週間に1度は連絡を取り続ける
  • 同じ求人に対して複数の転職エージェントから応募しない
  • 紹介された求人を口コミサイトで調査する

具体的に見ていきます。

転職先が決まるまで2週間に1度は連絡を取り続ける

転職先が決まるまでは、少なくても2週間に1度は担当アドバイザーと連絡を取り続けるようにしましょう。

連絡頻度が少なくなってしまうと、担当アドバイザーの方は「他のエージェントで内定もらったかな?」と感じ、あなたへのサポートの優先度が下がってしまいます。

せっかく他のエージェントよりも手厚くフォローしてもらえる環境にあるため、アドバイザーとの関係は良好に保つようにしましょう。

同じ求人に対して複数の転職エージェントから応募しない

同じ求人に対して複数の転職エージェントから応募しないようにしましょう。

企業の採用担当者の視点に立つと、あらゆる転職エージェントから応募してくる求職者には「自分の案件を管理できない人なのでは?」と悪い印象を持ってしまいます。

誰でも防げるようなミスで心象を悪くしてしまうのは、あまりにももったいないです。1つの求人に対して、複数のエージェントから応募しないようにしましょう。

紹介された求人を口コミサイトで調査する

紹介された求人は、口コミサイトなどを活用して調査するようにしましょう。

ウズキャリでは、丁寧に手厚くあなたのフォローをしてくれますが、口コミサイトを活用して情報収集をした方が、より納得感のある就職活動ができます。

複数の情報源を使うことで、情報の裏を取る習慣をつけましょう。

UZUZはこちら

ウズキャリについてよくある質問

よくある質問
ウズキャリの利用についてよくある質問をFAQ形式で紹介していきます。

利用するのにお金はかかりますか?

ウズキャリは完全無料で利用できます。また研修サービスのウズウズカレッジも、同じように完全無料で利用できます。

転職エージェントは、転職が決まったタイミングで、企業から年収の数%分を手数料としてもらって成り立っているサービスなので、求職者からは1円ももらいません。

地方在住者でも利用することはできますか?

地方にお住まいの方でも、電話やメール、Skypeなどを通して転職サポートを受けることができます。ただし、案件自体は東京、大阪など大都市圏がメインになります。

紹介してもらえる求人にはどのようなものがありますか?

IT系の求人が多いです。

また入社後の定着率が96.8%と非常に高く、ウズキャリ経由で入社した場合はスタッフから定期的にフォローアップをしてもらえます。

そのフォローアップ内容を企業にもフィードバックするので、ブラック体質な企業は、必然的にウズキャリが紹介する案件から排除される仕組みになっています。

以上まとめると、ウズキャリでは「IT系」かつ「優良な」求人を紹介してもらうことが可能です。

UZUZはこちら

ウズキャリの評判に関するまとめ

まとめ
ウズキャリは、

  • 案件数が少なく、内容も偏っている
  • 地方の求人数は少ない
  • 20代しか利用できない

などのようなデメリットや不満の声がありますが、

  • 親身になってフォローしてくれる
  • 研修があるのでスキルアップを図りやすい
  • IT企業の求人が多い

といった良い口コミもあります。

そのため、

  • 20代の方
  • 職歴に自信がない方
  • IT系職種に転職して手に職をつけたい方

はウズキャリを利用すれば恩恵を受けることができます。ウズキャリを利用して、理想のキャリアを築き上げていきましょう。

UZUZはこちら

この記事の監修者

木川 雄策

木川 雄策

株式会社ピーアール・デイリー 人材紹介事業部 次長
1998年入社、求人広告・人材紹介事業と募集・採用に携わり入社24年目。
累計10,000人以上の採用・転職に貢献。
メンタルヘルス検定合格 認証番号090720001611