転職面接時の正しい服装とは?男性・女性別のスーツ着こなしのチェックポイントを紹介

公開日:2021年8月18日 更新日:2021年9月2日

転職面接では見た目が第一印象を左右します。第一印象が悪ければ、あなたがどれだけ優秀な人材だろうと採用担当者から高評価をもらうのは難しいでしょう。

見た目で悪い印象を与えないためにも、面接は清潔感を重視した服装で臨むべきです。

本記事では、男性・女性別のスーツ着こなしのチェックポイントを解説します。ポイントを押さえて見た目で好印象を与えましょう。

転職面接時の服装はスーツ着用が義務?

転職面接の服装は基本的にスーツが必須です。

ただし同じスーツでも、大学時代の就職活動で用意したリクルートスーツは避けましょう。

垢抜けない印象を与えてしまうので、転職時の面接には相応しくありません。

ビジネススーツは転職活動だけでなく、今後働くうえでも着用する機会があります。

新調しても決して無駄にはならないので、転職を成功させるためにも新しいスーツを一着買うことがおすすめです。

【男性】転職面接時の服装チェックポイント

男性が転職面接の服装で意識すべきポイントを解説します。

スーツやワイシャツなどの目に付きやすい部分だけでなく、カバンや時計などの小物までしっかりチェックしましょう。

スーツ

スーツの色は黒やネイビー、グレーが無難です。明るい青のスーツは派手な印象を与えてしまうので避けましょう。

柄は無地のものがおすすめです。太めのストライプやチェック柄は転職時の面接に相応しくありません。

ジャケットのボタンを留める位置は、ボタンの数によって異なります。

  • ボタンが2つのスーツ:1番上のボタンを留める
  • ボタンが3つのスーツ:真ん中のボタンを留める

サイドポケットのフラップ(ポケットを覆う蓋部分)は外に出しておきましょう。

ワイシャツ

ワイシャツの色は白か青とし、柄は無地のものがおすすめです。

ピンクや濃いめの青など派手な色は避けましょう。またカジュアルなボタンダウンも、転職時の面接には相応しくありません。

ワイシャツの着方としては、ジャケットの袖からワイシャツの袖口が1cm程度出ているのがマナーです。

ワイシャツの袖口がジャケットに隠れてしまうと、スーツもしくはワイシャツのサイズが合っていないように見えるので注意してください。

また、ワイシャツ袖口のボタンはすべて留めましょう。袖口のボタンが留まっていないとだらしない印象を与えます。

他にもワイシャツを着る際は、しっかりとアイロン掛けをしておくことも大切です。

ワイシャツの大部分はスーツで隠されますが、間から見える軽いシワでも案外目立ちます。

ネクタイ

ネクタイの色は青やえんじをベースにして、スーツの色に合わせましょう。赤やピンク、黄色など派手な色は避けるべきです。

柄は無地かストライプを選びましょう。バンダナ柄や太めのストライプは派手な印象なので避けた方が無難です。

ネクタイをつける際は、ネクタイピンもセットでつけるのがおすすめです。ネクタイピンは、お辞儀をしたときにネクタイが垂れるのを防止する役割があります。

ただし派手なネクタイピンは避け、ワンポイントのアクセントに留めるよう意識しましょう。

髪型

清潔感のある印象を与えるために、さっぱりとした短髪がおすすめです。金髪や長髪など、派手な髪型は避けましょう。

また、前髪は目にかからないような長さとします。おでこと眉毛が見えるくらいがベストです。横は髪が耳にかからないくらいの長さにしましょう。

そして面接当日は、必ず寝癖を直してから会場に向かいます。整髪料を使う場合は、髪を整える程度としましょう。

カバン

カバンの色は黒やネイビー、ブラウンを選びましょう。リュックやトートバッグは避けた方が無難です。

また、カバンは床に置いて自立するタイプがおすすめです。

ショルダーバッグのように肩から掛けられるひもがついている場合は外しておき、面接会場には手で持って行きましょう。

時計

時計はシルバーの金属製か黒の革製が無難です。派手な色の時計や高価なブランド物の時計は印象が良くないので避けましょう。

なお、普段時計をつけていなくても、転職の面接時はつけることをおすすめします。時間厳守で行動していることをアピールできます。

靴の色は黒もしくは濃いめのブラウンが基本です。

ただしブラウンの中でも明るめのブラウンは、転職時の面接に相応しくないので避けましょう。加えて、つま先がとがっているタイプの革靴もNGです。

面接に向かう際は靴の汚れを落としておき、ワックスでつやを出しておくことも意識しましょう。

【女性】転職面接時の服装チェックポイント

女性が転職面接の服装で意識すべきポイントを解説します。

ジャケットやインナーなど身につけるものだけでなく、髪形やメイクなどの外見もしっかり確認しておきましょう。

ジャケット

ジャケットの色は黒か濃紺、グレーが良いでしょう。派手な色のジャケットは、転職時の面接に相応しくありません。

また、ジャケットのボタンはすべて留めておきます。インナーの袖口はジャケットの袖から出す必要はありません。

インナー

インナーはシャツかカットソーを着用しましょう。スーツとブラウスの組み合わせは、学生の就職活動のように見え、垢抜けない印象なので避けた方が無難です。

インナーの色は白か淡いパステルカラーを選んでください。派手な色は採用担当者にマイナスの印象を与えてしまいます。

また、胸元の開きすぎにも注意してください。インナーの中には同じ色のキャミソールを着用すると良いでしょう。

ボトム

ボトムはパンツもしくはスカートのどちらを選んでもOKです。

ストレートのパンツなら、立ったとき足首が隠れるくらいの長さにします。

フレアパンツならストレートより少し長めでも問題ありません。ベルトも忘れずに着用しましょう。

また、スカートなら立ったときにひざ丈くらいで、座ったときにひざ上10cm程度の丈がちょうどいい長さです。

短すぎるスカートは採用担当者にマイナスの印象を与えてしまうので注意してください。

髪型

髪型は清潔感を出すことを意識しましょう。前髪は目にかからないようにします。

また、横の髪は耳にかけましょう。髪が肩にかかるくらいの長さなら、後ろで1つにまとめた方が無難です。

なお、髪色は黒がおすすめですが、黒以外がNGということではありません。暗めの茶色程度なら問題ありません。

ただし明るすぎる髪色は避けるべきです。美容室で染め直してもらうなら8トーン以下にしましょう。

メイク

メイクはナチュラルメイクを意識して、健康的な印象を出します。

ベースは厚塗りしないことがポイントです。クマやニキビなどが気になる場合はコンシーラーで隠しましょう。

チークは自然な印象を与えるため、オレンジやピンクなどがおすすめです。チークブラシも上手く使いましょう。

また、眉毛は太めのアーチ型が無難です。細すぎたり角度をつけすぎたりすると不自然な印象を与えてしまいます。アイメイクは控えめを意識して、アイシャドウは濃すぎないようにしてください。

リップもチークと同じくオレンジやピンクがおすすめです。リップを塗らないと不健康に見えることもあるので、血色良く見えるよう自然に塗っておきます。

ネイル

ネイルは面接前に落として望むのが無難ですが、無地のベージュやピンクなどなら、わざわざ落とす必要はありません。

ただし派手な色やデザイン、長い付け爪は避けてください。

なお、清潔感が求められる医療業界や食品業界の面接を受ける場合は、ネイルを落とすことをおすすめします。

カバン

カバンの色は黒やネイビー、ブラウンが良いでしょう。A4サイズの書類を折らずに入れられる大きさで、かつ床に置いて自立するタイプがおすすめです。

時計

時計はシルバーの金属製、もしくは黒・茶色などの革製がおすすめです。派手なデザインや高価なブランド物は避けましょう。

また、普段時計をつけない場合でも、転職面接時はつけて望むのがおすすめです。時間厳守で行動していることをアピールできます。

靴は黒のパンプスがおすすめです。ヒール部分の高さは5cm程度までとします。

黒以外の色としては、ネイビーやグレーが良いでしょう。迷ったらスーツの色に合わせてください。

なお、かかとやつま先が見える靴は面接前に相応しくないのでNGです。歩いたとき音が鳴る靴も避けましょう。

アクセサリー

アクセサリーはつけ過ぎや目立ち過ぎに注意してください。派手なものでなければ、ピアスやネックレスはつけてもOKです。

なお、結婚指輪や婚約指輪はつけたままで問題ありません。

【女性年代別】転職面接時の服装チェックポイント

女性の服装は男性のスーツに比べて選択肢が多い分、転職面接時に悩むことが多いでしょう。年代ごとに相応しい服装も異なるので、さらに悩ましいです。

採用担当者に高評価を与えるため、年代に合わせた着こなしを意識しましょう。20代、30代、40代に分けて転職時の面接で意識したい服装のポイントを紹介します。

20代女性の服装

20代女性の場合は、採用担当者に「就活生」という印象を与えないことがポイントです。

リクルートスーツとブラウスの組み合わせは、垢抜けないイメージを与えるので避けましょう。

ジャケットはストライプ柄がおすすめです。インナーはシャツかカットソーで、色は白もしくは淡いパステルカラーが良いでしょう。

反対に垢抜けたいからといって、派手なメイクや髪型はNGです。清潔感を意識し、フレッシュな印象を与えられるよう意識してみてください。

30代女性の服装

30代女性の場合は落ち着きのある服装を意識し、20代よりも経験が豊富であることをアピールしましょう。

スーツはグレーやベージュがおすすめです。インナーは明るい色より暗めの色の方が落ち着いた雰囲気を醸し出せます。

ナチュラルメイクを意識しつつ、アイラインを引いて目力をアピールするのも良いでしょう。

40代女性の服装

40代女性の場合は、上質なスーツで凛とした雰囲気を演出しましょう。豊富な社会経験と信頼感をアピールできます。

ただし、子供の学校行事に参加するようなスーツは避けるべきです。

ボトムはスカートよりもパンツを選んだ方が、落ち着いた印象を与えられます。メイクは派手になりすぎないよう留めつつ、顔色が明るく見えるように工夫しましょう。

【季節別】転職面接時の服装チェックポイント

気温が極端な夏場と冬場は、服装を調整する必要があります。ここでは季節ごとに、転職面接でチェックしておきたい服装のポイントを紹介します。

夏場の面接

夏場に行われる転職の面接でも、基本的にはジャケットを着用しましょう。

ほとんどの企業では夏場にクールビズを実施していますが、あくまで社内向けであり、面接を受ける人には適用されないと考えてください。

ジャケットやインナーは汗染みが目立たないものを選びましょう。汗染みは見た目的にも良い印象を与えません。

また、男性はジャケットからワイシャツの袖が1cm程度出ているのがマナーなので、ジャケット下に半袖ワイシャツはNGです。

夏場でも長袖ワイシャツを着用し、袖口のボタンはすべて留めておきます。

一方で女性は、ジャケットを脱がなければ半袖ワイシャツでもOKです。

なお、事前に「クールビズでお越しください」と指示があった場合は、素直に従っても大丈夫です。企業側からの指示であれば、マナー違反ではありません。

冬場の面接

冬場に行われる転職面接では、コートやマフラーなどの防寒具を着用して会場に向かっても問題ありません。ただし面接会場に入る前に、防寒具はすべて脱ぎましょう。

脱いだ防寒具は2つ折りにして、片手に掛けたうえで受付を済ませます。面接室内では、カバンの上に置くか椅子の背もたれにかけておくのがベストです。

冬場に防寒具を着用することは問題ありませんが、セーターはカジュアルすぎるのでNGです。暖かい下着を着用したりホッカイロを貼ったりして寒さ対策をしてください。

転職面接時の服装で注意すべきマナー

転職面接の服装では、注意したいマナーがいくつかあります。マナーが守られていないと採用担当者にマイナスの印象を与えるので気を付けましょう。

具体的には以下のマナーを意識してください。

  • 清潔感を意識する
  • 身体のサイズに合わせる
  • リクルートスーツはNG
  • 「私服OK」のときはビジネスマナーを意識する

清潔感を意識する

転職時の面接では、見た目の印象が評価を分けます。

見た目で評価を落とさないためにも、清潔感がある服装を意識してください。清潔感がない応募者は、どれほど優秀でもマイナス評価です。

面接会場に向かう前に、以下をもう一度チェックしましょう。

  • スーツやワイシャツ、インナーにシワはないか
  • 靴が汚れていないか、
  • 髪型は乱れていないか
  • 髭はきちんと処理できているか(男性の場合)

細かいところまで気を配ることで、見た目の印象を良くしましょう。

身体のサイズに合わせる

転職時の面接で着用する服装は、身体のサイズに合わせることを意識しましょう。

男性の場合、サイズが大きいスーツはだらしない印象を与えてしまいます。市販のスーツが身体のサイズに合わない場合は、オーダーメイドのスーツを作るのも1つの手段です。

女性の場合、身体のラインが強調される服装は避けてください。

男性・女性いずれも、自分の体型を考慮して服装を選ぶことがポイントです。

リクルートスーツはNG

リクルートスーツは採用担当者に垢抜けない印象を与えてしまうのでNGです。

就職から1〜3年目の第二新卒ならば、リクルートスーツでも良いでしょう。ただしある程度の社会人経験があるなら、ビジネススーツを着用した方が無難です。

「私服OK」のときはビジネスマナーを意識する

私服OKと指示された場合でも、ビジネスマナーを意識した服装を意識してください。男性・女性ともにジャケットを着用し、オフィスカジュアルな服装で臨みましょう。

男性はジャケットに襟のあるワイシャツを組み合わせ、チノパンもしくはスラックスを履くと良いでしょう。女性はジャケットにパンツもしくはスカートを組み合わせるのがベターです。

もしオフィスカジュアルに迷う場合は、私服OKでもスーツを着用するのが無難です。

転職面接時の服装はTPOをわきまえよう

転職面接は第一印象が大切です。見た目で悪いイメージを与えないためにも、TPOをわきまえた服装を心掛けましょう。

転職時の面接は、ビジネススーツを着用して望むのが基本です。リクルートスーツは「就活生」という印象が強いので避けましょう。

スーツやワイシャツ、インナーなどだけでなく、カバンや靴、時計など小物までこだわることも大切です。加えて髪形やメイクなど外見の清潔感も忘れてはいけません。

「服装自由」あるいは「私服OK」と指示されたときは、ビジネスマナーを意識しましょう。男性・女性ともにジャケットを羽織り、オフィスカジュアルな服装を選ぶのがベストです。

清潔感のある服装を心掛ければ、採用担当者に良い第一印象を与えられます。見た目で好印象を与えた上で、面接でご自身の魅力をアピールしていきましょう。

この記事の監修者

木川 雄策

木川 雄策

株式会社ピーアール・デイリー 人材紹介事業部 次長
1998年入社、求人広告・人材紹介事業と募集・採用に携わり入社24年目。
累計10,000人以上の採用・転職に貢献。
メンタルヘルス検定合格 認証番号090720001611