メニュー

0120-981-461

受付時間:9時〜19時 ※平日のみ

2021年11月19日

福岡県

日本全国で唯一!長年のデータを基に売上が確実に上がる「ベスト・ワン・ウェイ」システム!その謎を解く為、トマト交通の潜入取材に行ってきた!

  • 0

  • 0

木川

木川

大の温泉好き!週に1度は必ず温泉通いを行う程!
取材時も隙あらば温泉に向かう!

こんにちは!P-CHAN TAXI編集部の木川です!
編集長から、とても素敵な情報が!なんと、特許を取得している独自のデータ収集システムを活用し、より確実に売上を上げる仕組みを取り入れている!さらに、接客こそが会社のブランドを作り上げると信じ、未経験者でも安心の約2ヵ月~3ヵ月にもわたる研修制度を導入。データに基づいた営業活動&地域トップクラスの接客により、大幅な業績UPを続けているタクシー会社が福岡市あると聞いたので早速行ってきました!



▲約2年ぶりの登場!男・木川です!
羽田空港から福岡空港にやってきたのですが、機内はほぼ満席状態。外国人のお客さんも多く、少しずつ日常が戻ってきている事に喜びを感じています!
取材は明日。会社から特別に前日入りの許可を貰いました!もう夕食時の時間なので、早速楽しみにしていた博多名物を食べにいきましょう!



▲やって来たのは、博多名物もつ鍋の超有名店「元祖 楽天地」さんです!こ~んなに特盛のニラが特徴との事で、楽しみです!早く食べましょう!


予約していた木川で~す!!


▲さあ!長旅の疲れもこの一杯で全回復☆早速いただきます!


くぅぅぅー!ばりうまかー!!


▲そして!もつ鍋の登場です!素晴らしいニラの量!


▲一生分食べる位あるんじゃないかと思うようなニラの山・山・山!


▲食べられる状態になるまで、しっかり店員さんが面倒を見てくれるのが嬉しい!煮えてくると徐々にニラ山も低くなってきます。


▲火を付けてから大体15分!ようやくできあがりました。モツから溢れ出る油がとっても美味しそうです!


▲専用の先割れお玉ですくいとります。


▲美味しそう過ぎてニヤニヤが止まりません。。。


まずはモツから!いっただきまーす!!


▲モツの次はニラ!ニンニクの効いたスープがニラに沁み込み素敵なハーモニーを奏でています!


▲中盤戦では豆腐を投入!


▲そしてラストは〆の麺を投入!


▲スープが沁み込んでいて、これ絶対に旨いにやつ!


ズゾゾゾゾゾゾー!!!旨かば~い!!!


▲いや~お腹いっぱい!大・大・大満足です!!


▲あんなにあったニラの山も麺もすべて完食です!美味しいもつ鍋ごちそうさまでした!
今夜は良き眠りにつけそうです!



▲翌朝8:00!みなさまおはようございます!本日の取材の前に「万葉の湯」さんにて朝風呂です!
湯布院・武雄温泉から直送されているお湯で、さっぱりしてきます!


▲入り口には顔ハメパネル!思わず顔をはめてみました。


▲じゃ、温まってきますね。サウナも入るから1時間後くらいに出てきますので☆



▲お待たせしました!天然温泉でお肌ツルツル☆サウナも最高でした!ちなみに、私はこの2年間程ダイエットに励んでいて、少し痩せたんです!過去の写真と比べてみて下さい⇓⇓⇓


▲ね!随分頑張ったと思いませんか!もう1枚の画像とも比較してみて下さい!


▲これが今回。


▲これが約2年前!


▲どうですかみなさん!痩せたでしょう?努力はちゃんと実るんです!!
取材は午後からなので、これからランチを食べにいきましょう!



▲やって来たのは「らるきい」。編集長から、世界の王貞治さんも足繫く通ったというパスタの名店があると聞いてきました。開店前から行列ができるとの事で、開店1時間前に到着し1番乗り☆


▲しかしこの日はご覧の炎天下。開店までこの直射日光との闘いながら、1時間後にいざ入店です!


▲注文したのは、名物「ペペタマ」と「明太チーズトースト」!


▲「ペペタマ」とは、ペペロンチーノにとろっとろの卵が混ざった、らるきいさん自慢の逸品。まずは、物凄く分厚い明太チーズトーストからいただきましょう!チーズが固まってしまっては大変ですからね!


がぁっ!!


▲のびーるチーズ。とろっとろで美味しい!


これもう、絶対に旨いやつ!(本取材二度目)


▲旨すぎて目玉が飛び出そうです☆さすが、王貞治さんが通うだけの事はあるお店です!


▲とっても美味しくて余裕の完食でした!ご馳走様!

さあ、お腹が満たされたところで、福岡に来た最大の目的であるトマト交通さんの取材へ出発です!



▲トマト交通さんに到着です。会社の目の前は福岡空港。頻繁に飛行機が飛び立って、飛行機マニアには堪らない立地条件です!


▲施設内に入ると一番目立つ場所に巨大な看板が!!トマトブランド☆高い意識を持って働いているドライバーさんが多そうです!それではドライバーさん達が待っていただいているお部屋に向かいましょう!


▲最初にお話を聞かせていただく若き3名!入社1年~1年3ヵ月目の若きエースの方々です!
井原さん(左)、安元さん(真ん中)、大成さん(右)。皆様、いきなりの写真撮影も嫌な顔せずノリノリでご対応いただきました☆それでは、インタビューを開始致します!


木川:まずは皆さんの前職。それから転職のきっかけを教えていただいて宜しいでしょうか?


井原さん:専門学校を卒業して就職した会社で、正直なかなか上手くいかずに僅か3ヵ月で退職しました。その後はアルバイトでピザの配達をしていたのですが、いい加減定職につかないといけないと思い転職を決意しました!


安元さん:私は訪問介護をしていたのですが、介護業界は人手不足で経験があるとすぐ責任ある職に就く事になり、、、そうすると休みも取りづらい上、休みの日もいつ呼び出しがあるかもしれない会社からの電話を気にしながら過ごしている状態でした。ちゃんとしっかりと休みが取れる仕事に就いて、母親を連れて旅行に行ってみたいと思い、転職を決意しました!


大成さん:私は運転手の仕事をしていました。広島空港で空港と街をつなぐシャトル便の運転手をしていたのですが、コロナ禍で仕事が減ってきてしまい。。。不安を感じながら過ごしている中で、行動しなければ!と思い、転職を決意しました!


木川:前職や転職のきっかけとなる理由は本当に様々ですね。それで、転職をしようと思ってトマト交通さんを選んだ理由を是非教えて下さい!


井原さん:僕は凄く運が良くて(笑)知り合いの方からトマト交通を教えていただきました!いつも空車が無くてとても人気がある会社だという事で、僕でもやっていけるかな?と思って、早速面接に行きました!

安元さん:私は次に何をやるのか本当悩みましたね。占い師にも相談しました(笑)!自分に何ができるんだろうとノートに色々書き出して。その結果、運転の仕事だという事に気付いたんです。前職でもヘルパーさんを後ろに乗せて利用者さんの所へ行っていましたので、運転には自信がありました。
トマト交通を選んだ理由は「休みが取りやすい」という事が求人誌に書いてあったからです。私は子供がいますので、休みが取りやすい事はとても助かりますし、母親との旅行も可能かな(笑)と思って、まずは説明会で話を聞いてみようと思ったのがきっかけです!


大成さん:自分は広島に住んでいたんですが、福岡で古武道の師範として毎月福岡に来ていたんです。福岡は知り合いも多いので、転職を機に福岡行く事を決めました。自分が転職活動をしたのはコロナ禍真っ只中で、受けて見ようと思ったタクシー会社が採用ストップしていて話も聞いてもらえない状態でした。
そんな中でトマト交通さんだけが、すぐに話を聞くよ。とおっしゃっていただき飛び付く様に面接を受けて採用に至りました。すぐに仕事に就く事ができて、とても感謝しています。


木川:それぞれ「空車が無くて人気の会社」「休みが取りやすい会社」「コロナ禍でも採用してくれた」まさにトマト交通さんの特徴でもありますね!ちなみに、皆さん業界未経験でのご入社ですが、出社後はどのような研修を行いましたか?


井原さん:まずは教習場に通い2種免許が取れた後に、社内の研修がスタートしました。接客マナーや車の操作方法、道などをしっかりと教えていただきました。その後は同乗研修があり、最後は独り立ちできるかのテストが行われます。みっちり2ヵ月ほど研修を行っていただく事ができ、入社前の「自分にできるかな?」「道を覚えられるかな」という不安が随分消えた状態でデビューできました!

木川:それは良かったですね!殆どのタクシー会社は入社後1ヵ月程でデビュー。という流れですからね。不安が少ない状態でデビューできるのは、精神的にもゆとりが出て良いですね!
研修について何か印象に残った事はありましたか?


安元さん:ひょうたん池の道を教えてもらいました。中州への送迎の際、周辺の道路はとても混雑するんです。ひょうたん池の道を通るとすぐ行けるよと。ここまで具体的な事も教えてくれるんです。

木川:なるほど!混雑時の対応策として近道も研修で教えてくれるんですね!近道使ってくれるとお客様喜びますよね!他にはどんな研修がありましたか?


大成さん:高速道路を一周すると料金がいくらかかるのか予想するゲームをやりました。実際に研修で高速道路を一周し、料金がどのくらいかかり、メーターがどのように上がるのかがよくわかりました。こういった事をデビュー前から知っていれば、お客様に大体の金額を聞かれた時に、自信を持って答えられますからね!こういう細かい部分が、お客様からの信用、信頼を得れるきっかけになると思うんです。


木川:トマト交通さんの研修は、デビューする為の研修に加えて、デビュー後にドライバーさんが困らないよう工夫を凝らして行っていらっしゃるんですね!素晴らしいです!
実際にデビューし、タクシードライバーとしての仕事をしてみての感想はいかがですか?


井原さん:正直ですね、一日中座わりっぱなしの仕事なので楽だと思っていましたが、慣れるまでは身体が固まって大変でしたね(笑)でも、慣れてからは休憩時間に率先して体を動かしたりしています。あと、トマト交通ではドアサービスをさせていただいてますので、その時に素早く動いたりしますので、今は自然と身体がほぐれるようになりました。まあでも、やっぱり休憩時間の使い方が大切になりますね!休憩時間に寝てばかりいたら身体が鈍りますから、常にストレッチはやった方が良いと思います。


安元さん:道に不安があったデビューしたての頃は、お客様が手を上げていると「他のタクシーに乗って!」と正直思っていました(笑)!ビビりなので。。。(笑)でもそんな事を先輩に相談すると「3ヵ月もすると、地図と地図が頭の中で繋がってわかるようになるよ!」とアドバイスをいただきました。そのアドバイスを信じて3ヵ月すると、本当に現在地から目的地までの道のりがわかるようになったんです。
今は目的地までのルートがいくつかお客様に提案できる程になってきています。今は「もっともっとお客様をお乗せしたい!」という気持ちで働けています!


大成さん:研修の時に講師の方から「道がわからない時はわからないと正直にお伝えしなさい」と言われていたので、その教え通りわからない時は「わからない」とお伝えしています。でもそれでクレームになった事は僕は1度もありません。福岡のお客様は親切な方が多くて、怒るどころか、優しく道を教えてくれるんです。わからないのにわかると嘘を付かないで、お客様と正直に向き合えば、怒られる事はありませんよ。

木川:トマト交通を選んでよかったと思う事はありますか?


安元さん:ご高齢の方がご乗車いただいた際「トマトさんに乗れてよかった」と言っていただいた時は「あ~お客様に信頼していただける会社で働いているんだ」と誇りに思いました。
また、前職ではサービス残業も多くいつ帰れるのかわからない状態でしたが、今は定時できっちりと帰る事ができて生活に余裕ができました!前職では定時なんてあり得なかったし、休日もあって無いようなものでしたし!本っっ当にトマト交通に転職して良かったです!

大成さん:安元さんって、本当に結構悲惨な状況で働いてたんですね(笑)!!

安元さん:うるさい(笑)!


大成さん:僕は研修時に学んだ丁寧・親切な接客のおかげで「ありがとうね」と言われる事がとても嬉しいし、安元さんも言っていましたが、トマトさんに乗れてよかった」って、本当に良く言っていただけるんですね。それが嬉しくて嬉しくて!会社のブランドを築き上げてくれた先輩方に本当に感謝しています!タクシードライバーとして働いていて、こんな誇らしい事はないですよ!


井原さん:自分は7時~19時まで働いていますが、コロナ禍でも絶えずお仕事がある事に凄く喜びを感じています。売り上げはUberやDIDI、配車や流しなどがあるんですが、1日ほぼ配車だけで終わるという事が多々あります。病院への送迎や、中州等への送迎の仕事も多くあり、定期予約されているお客様もいらっしゃいます。
コロナ禍でも1日大体25組~30組くらいのお客様をお乗せして十分なお給料をいただけています!夜の売上がコロナ前に戻ればもっともっとお給料を上げられると思いますし、自分自身、今後に期待しています!


木川:なんか楽しそうに話すので、こちらまで笑顔になっちゃいます!トマト交通さんが素晴らしい会社なのはわかりました!
最後に、皆さんの今後の目標を教えて下さい!


井原さん:もっともっと道を覚えたいです!接客も上手になってお客様にもっと満足していただいて、降りるときに「乗ってよかったと」1人でも多くのお客様に思ってもらえる。そんな乗務員になりたいです!

安元さん:先輩女性乗務員の方は指名も多く、貸し切りもやっていたり、お客様からの喜びの声のお便りを頂いたりと、とにかく格好良いトップドライバーなんですよね。バリバリやられている事に憧れています。私も先輩のようにお客様からの喜びのお便りを頂ける乗務員なりたいと思います!

大成さん:タクシードライバーは接客業ですから、接客面をもっと磨いていきたいですね!あと、ご高齢の方のお手伝いをどの程度までお手伝いすれば良いのか、まだ適切な判断に迷うところがあるのでしっかりと、喜んでいただける適切なお手伝いができるようになりたいです!今後、ご高齢のお客様が増えると予想される昨今で、尚更そこの部分を磨いていきたいですね!


木川:皆さん今日は色々教えていただきありがとうございました!

皆さんとても楽しそうにお話をされていた事が印象に残りました。
皆さんのお話を聞いていてトマト交通で働いていて私生活も仕事も充実しているのだと感じることができて、タクシードライバーのお仕事ってやっぱり良いな~。と思えたインタビューでした!


▲インタビュー後、車を見せていただけることになりました。


▲トマト交通さんのロゴ。オレンジと黄色がとてもかわいい!


▲行灯です!かわいいトマトがとてもCUTE!


▲きれいに整備されている車。光輝いています。


▲こちらが先ほど安元さんがおっしゃていました「お客様からの喜びのお便り」です!トマト交通さんへご入社されたら、ぜひこのお便りをいただけるよう頑張ってみて下さい!



▲続きましては、とびっきり優しい笑顔でお越しいただいた、城戸所長のインタビューです!


木川:城戸所長!よろしくお願い致します!早速ですが、城戸所長が思うトマト交通さんの特徴を教えていただけますか?


城戸所長:何といってもですね。市内のどこのタクシー会社よりも研修に力を入れている事です!他社では5日~10日、長くても1ヵ月ほどで終わる研修を当社では2ヵ月~3ヵ月かけています。不安なく、むしろ安心して乗務員デビューしていただけるよう、研修には本当に力を入れています。


木川:実際どのような研修を行うんですか?

城戸所長:接客のイロハから、メーターの使い方、ドアサービスまでそこまでやるの?っていうくらい細かく研修を行います。
実際デビューして困らないように時間をかけて教えています。例えば、車いすのたたみ方も教えているんですよ。同乗研修では実際ダミーで配車し、お客様の所へ向かいます。お客様を降車して次どうするかまで研修で教えます。そこまで研修している会社はないんじゃないですかね。より実践を意識したカリキュラムを組んでいます。


木川:それなら確かに。未経験で入社しても安心してデビューできそうですね。


城戸所長:2つ目の特徴とするとトマト交通のファンが多いという事です。

木川:ファンが多いというのはどうゆう事ですか?

城戸所長:例えば、空車のタクシーが数台走っていて1台目のタクシーではなく、2台目3台目を走っているトマト交通のタクシーを停めていただけるというような事です。そんな時「トマトさんを捕まえられてよかった」なんて言ってもらえる時もあります。


木川:何故トマト交通さんを好きになるお客様がいらっしゃるんですか?

城戸所長:それは、今まで培ってきたブランド力だと思います。接客・挨拶・おもてなしの心を持って乗務を行っていますから、お客様からすると「また乗りたい」という事になるんですよね。女性や高齢者の方からの配車の連絡が入るとトマトさんなら何分でも待ちますよと言って下さるほどです。配車だけでも1日1000件以上の配車があるんです。

木川:1日に1000件以上ですか!1ヵ月だと軽く30,000件以上の配車があるって事ですね!拘りを持ったしっかりとした研修が、トマトブランドとなり、多くのファンを獲得できているんですね!これだけの配車があれば、乗務員さんの売上も安定しますよね!


城戸所長:その通りですよ木川さん!売上の話がでましたので、非常に大事なトマト交通の特徴をお話します。実は弊社には独自の営業方法「ベスト・ワン・ウェイ」というシステムがあります。


木川:「ベスト・ワン・ウェイ」??


城戸所長:はい。過去十年以上の実車データを地図上に点で落とし込むと、自然と頻繁にお客様が乗車される場所のコースができ上がるんです。ここを回るだけでお客様が捕まりやすくなるというシステムなんです。
今までは、天気・経験・知識・勘頼りみたいなところがありましたが、未経験の方でも今まで積み上げてきたデータ通りに走れば問題なく稼ぐことができる画期的なシステムなんです。
お客様が降車後「次はどこを走ろうか?」なんて悩む必要もなくなってきます。システムが示す通りに何回も同じルートを走る事ですぐに地図を覚えられるメリットもあるんですよ。2011年に構築した「ベスト・ワン・ウェイ」は、AIシステムの先駆けだと思います。


木川:そんな凄いシステムが社内で作れるなんてすごいですね。他社がマネするんじゃないですか?


城戸所長:大丈夫ですご安心下さい。「ベスト・ワン・ウェイ」システムは特許を取得しています。その為、正真正銘トマト交通独自のシステムです。実際こんな風にどこを走ったら良いか具体的な指示が出るんです。この通り走ってさえいただければ、売上が上がったも同然です。


木川:凄いですね。。。福岡市でタクシードライバーを希望している1人でも多くの求職者にこのシステムを知っていただきたいですね!
次は、売り上げの構成を教えていただいてもいいですか?

城戸所長:昼と夜で全く違うんですが、昼は配車が7割、流しが3割。夜は逆で配車が3割、流しが7割です。


木川:待機はないんですか?


城戸所長:トマト交通では待機営業は一切行っていません。待ちの営業は時間の無駄だと考えています。常に攻めの営業を心掛けているんです。トマト交通の乗務員は常に攻めの営業を行っていますから基礎体力も高くモチベーションが高いのも特徴です。
それに必然的に待機している暇がありません。先ほどお話したように、1日で1,000件以上の配車があります。それに加えてアプリ配車もあります。さらに「ベスト・ワン・ウェイ」システムにより、お客様のいる場所がわかります。ね?待機している暇なんて無いんですよ(笑)

木川:確かに!では、実際皆さんどのくらい稼いでいらっしゃるんですか?

城戸所長:トマト交通には年収600万円を超える乗務員が4名。年収500万円越えの乗務員も35名在籍しています。今ではトマト交通の平均年収は、日本の全産業の平均年収の430万円を超える程です。コロナに負けていませんよ!安心していただきたいです。


木川:それは嬉しくなる情報です!!普通のご家庭であれば、年収430万円あれば十分なケースが多いですし!でももっと高みを目指せる環境は整っているので、ぜひ年収600万円を目指していただきたいですね!
先ほど、乗務員の方にインタビューさせていただいたんですが、皆さん明るくて気さくな方が多いなーって思ったんですが、何か理由があるんでしょうか。


城戸所長:トマト交通は、人間関係が良いと思いますよ。普通トップドライバーなら自分が持っている知識は他には話したくないものですよね。でもトマトのトップドライバーは未経験スタートの乗務員が多く、その苦労をわかっているので、自然とサポートしあえる関係なんですよね。先輩がピリピリしてたら、何となく後輩は萎縮しちゃうじゃないですか?当社はそれと真逆。先輩から後輩に話しかけにいく事が多いですよ。

木川:それって中々できない事ですよね。普通なら自分さえ良ければなんて思ってしまうと思います。自分のテリトリーを荒らされるのが怖くて(笑)


城戸所長:ははは(笑)うちのトップドライバーで自分の事しか考えてない人なんていませんよ!安心して下さい。
それとサークル活動もコミュニケーションの場になっていると思いますよ。ゴルフ、ソフトボール、ツーリングなど活発に活動を行っています。特にゴルフは毎月活動していますし、ゴルフサークルに入るために入社した乗務員もいる程です。ツーリングサークルでは3桁もするような高級バイクを手にするために「頑張って稼ぐんだ!」なんていう乗務員もいます。

木川:研修がしっかりして稼げるだけじゃなく、楽しく働けるのもトマト交通さんの特徴ですね!


城戸所長!貴重なお話をたくさんお聞かせいただき、本当にありがとうございました!



▲最後に木原彰彦社長にご登場いただきました。


木川:宜しくお願いします!まず「トマト交通」の社名の由来をお聞きしていいですか?

木原社長:TOGETHER MANY TOWNSMEN それぞれの単語の「TO MA TO」をとってトマト交通です。意味は「市民の皆様と共に走る」。そんな会社作りを目指しています。


木川:「市民の皆様と共に走る」。まさに今実現している事ですね!
まだ創業17年と比較的新しい会社だと思うのですが創業時の想いをお聞かせいただけますか?


木原社長:私は創業当時からのメンバーでした。その当時の福岡のタクシー業界は非常に評判が悪く、お客様が乗務員に話しかけても無視して答えない乗務員がいるような状態でした。そんな中、今までに無いようなタクシー会社を作ろう!という事で、トマト交通創業者である増田治が立ち上がりました。奇しくも2014年に逝去となり、私が増田の意思を次いで、ここまで代表としてやってきています。


木川:そうだったんですね。そんな創業者の想いでもある「日本一高い水準のサービス」・「日本一支持率の高いタクシーの確立」・「日本一高い給与水準のドライバー集団」を理念として掲げていらっしゃいますが、それはどのような事でしょうか?


木原社長:未だに世間からするとタクシー乗務員の地位は残念ながら低く、3Kと見られています。その中、頑張れば良い給与が貰える。
それは、乗務員個人が頑張る事よりも、会社が主導してそのような世界にすべきだと考えています。
その為に、特に接客には力を入れていて、入社時の研修は他の会社の倍以上の時間を費やしています。いざ乗務が始まっても困ることなく、すぐ売り上げが上がり、高い水準で給与が貰えるような教育を行い、システムも整えています。
研修導入当時は、他社がやっていない教育・考え方を行っていたので正直研修が厳しくて辞めていく人も多かったです。ですが残った人々がしっかりとした接客をしてリピーターを増やしトマトブランドを確立してきました。創業当時は福岡では「タクシードライバーの仕事は接客」という考え方がなかったので、それを「接客業」に変えた事でお客様に強く支持していただきました。


木川:木原社長のようなお考えを持った経営者が増えてくれば、タクシー業界は今よりもっと良くなりそうですね!
最後に、これからの会社のビジョンをお聞かせいただけますか?


木原社長:あちらに配車室があるのですが、もっともっと配車本数を増やして、全乗務員が満足できる水準の会社作りをしていきます。全乗務員が恥ずかしくない生活ができる!そんな会社を目指しています。


木原社長!お忙しい中にも関わらず、本当にありがとうございました!社員の幸せを一番に考えていただける頼りになるリーダーでした!

最後に、社内施設を案内していただきました。



城戸所長:こちらは配車室です。1日1,000件以上対応していますから大変ですよ(笑)配車係りのみんなにも本当に感謝しています!


城戸所長:こちらがロッカールームです。清潔感を保った状態でみんなが使ってくれていますので、とても綺麗な状態です。


城戸所長:こちらは女性乗務員専用の更衣室です!我々は男性なので取材とはいえ中には入れません。。それだけ厳重にしています!


城戸所長:こちらは休憩室です。健康マッサージ機もあって、リラックスできる空間ですよ☆


ふぉ~~~!キクー!!


▲こちらは会社から徒歩1分の場所にある駐車場です!広いですねー!


▲木原社長が考えられた「接客10原則」。これを守るだけで一流ドライバーの道がグンと近づきます!


▲最後に、とてもユーモアのあるキャッチコピーをご紹介!確かにその通りですね!

以上、福岡市内で独自の輝きを放つトマト交通さんの取材でした!木原社長も城戸所長も、自分の事では無くタクシードライバーの未来を見据えた考え方で乗務員さんと接している事がわかりました。そんな方々が経営するトマト交通は、本当に安心して働ける会社だと思います!


株式会社トマト交通さんの取材を終えて
2004年設立。タクシー業界においては歴史の浅い新しい会社です。しかしその中身がとても濃い。特許を取得している「ベスト・ワン・ウェイ」システムを導入し、より確実に高水準で乗務員さんの売上を確保できる仕組みを整えている。それだけでなく、創業時から徹底した研修にて接客スキルを独自に磨き、歴の浅い会社ながら、既に多くのトマト交通ファンを獲得している。それはトマト交通の乗務員さんの接客が素晴らしいからに他ならない。
確かに他社と比べると、接客に対する意識や教えは厳しいのかもしれない。ただ、その厳しさ以上に乗務員さんに返って来る恩恵は計り知れない。
不安が無くなるまでは無理にデビューさせる事無く、じっくりと研修を行う為、未経験者には特におすすめしたいタクシー会社である。

※写真に出てくるトマトは取材用の演出になります。登場したトマトは取材班で美味しくいただきました!

株式会社トマト交通の会社概要

  • 会社名
    株式会社トマト交通
  • 設立

    2004年4月

  • 資本金

    5,596万円

  • 代表者

    木原 彰彦

  • 従業員数

    258名

  • 事業内容

    一般乗用旅客運送業

  • 車両台数

    101台

  • 所在地

    〒812-0004 福岡県福岡市博多区榎田1-7-27

株式会社トマト交通の求人一覧

  • 求人/勤務地
  • 株式会社トマト交通

    【株式会社トマト交通】福岡県福岡市博多区榎田1-7-27

    【交通アクセス】

    福岡空港のすぐ近く!/マイカー通勤可能

この記事を書いた人

木川

木川

大の温泉好き!週に1度は必ず温泉通いを行う程!
取材時も隙あらば温泉に向かう!

  • 0

  • 0

タクシー業界へ転職を
迷っている方・ご検討されている方
まずは気軽に相談してみよう!