メニュー

0120-981-461

受付時間:9時〜19時 ※平日のみ

2020年01月01日

東京都

東京でタクシー1台当たりの売上ランキング“TOP10”の常連!kmグループ織田タクシーの潜入取材に行ってきた!

  • 0

  • 0

木村

木村

車の運転好きで、次の転職先はタクシー会社と決めている程、タクシーの仕事をこよなく愛しています!広島カープファン。ワイン検定ブロンズクラス合格。

こんにちは!P-CHAN TAXI編集部の木村です。
編集長から、東京の下町、足立区に、2005年2月に設立ながらタクシー1台当たりの平均売上ランキングで常に都内TOP10入りしている会社があると。

東京には300社以上のタクシー会社があるのに、その中で平均売上TOP10の常連だなんて・・・。
その理由を暴きに早速取材に向かいたいと思います!


▲やってきたのは東京都足立区にある竹ノ塚駅。最近では、住みたい街ランキングで「穴場だと思う街(駅)部門」の1位に輝いた注目の街・北千住から電車でわずか10分。何だか面白そうなエリアです!


▲取材先へ向かう途中、賑やかな商店街、飲食店やドラッグストア、ドンキホーテ・イトーヨーカドーまでバリエーション豊かなお店が揃っていて、とても暮らしやすそう。


▲歩き進めると懐かしい空気漂う公園を発見


▲子供に戻ってブランコに乗りたいと思います!


ひゃっほーーー!超楽しいーーー♬


▲さて、今回の取材をさせていただくのはこちら!『株式会社織田タクシー』さん!
タクシー業界における東京大手4社の一つである、「km(国際自動車)グループ」の一員です。
それでは早速潜入してみます!


▲こちらは出庫・帰庫の点呼を行う受付。これから乗務の人や、乗務を終えた人が戻ってきていて、人がたくさんいますね。


▲売上の集計をするドライバーさんを発見!心なしか口元が緩んでいるような気が…♪


▲こちらでは新人ドライバーの方に、何やらレクチャーをしている様子。


▲どうやら領収書に関する説明をしているようです。傍から聞いていても、とても分かりやすい内容!ベテランの方々が若手に優しく教えている感じが、とても微笑ましい光景ですね。


木村:おや、このモニターに表示されている数字ってもしかして…!?


1日の個人営業収入ランキング!!【社外秘】トップの方は売上8万円超え!一番下の方でも5万円超え!この日の平均売上額は61,634円!しかもこのモニターに反映されている営収数字は税抜きなので、税込み金額で考えると実際はもっと売上を上げている事になります。
話を聞く前に1台あたりの平均売上が高い証拠を見つけてしまいました(ゴクリッ)
ますます売上が高い理由がしりたくなってきました!


▲このまま他のフロアにも潜入させていただきましょう!


▲こちらはロッカー室。仕事を終えたドライバーさん達が談笑していました。


▲ここは仮眠室でもあるんです。


▲照明のトーンを落とし就寝。


▲社内には大浴場も完備されているとのこと!せっかくなので行ってみましょう。


まっ、まさかの入浴シーン!これ以上は邪魔になってしまうので、社員の方のインタビューに移りたいと思います!


▲最初にお話をお伺いするのは、先ほどロッカー室で会った佐藤さん(33歳)入社1年10カ月
成長著しい若手のホープとして社内でも注目のドライバーさんとのこと!


木村:佐藤さんは、タクシーの仕事を始めようと思ったきっかけは何ですか?

佐藤さん:以前は貴金属の販売スタッフを10年していましたが、親の病気があって可能な限り家にいられる仕事をしたいと思ったのが転職の理由でした。あと、今6歳と4歳の2人の子どもがいるので、収入面も妥協する訳にはいかなくて…。時間の融通が利き、しかも稼げる仕事という答えを求めてたどり着いたのがタクシー運転手でした。

木村:家族と一緒にいられる時間、そして高い収入の両方を実現できる仕事で選んだんですね。

佐藤さん:実際に働き始めたら、時間のゆとりが想像以上でした。今は1日働いたら1日休みなので。前職は週6日勤務だったのでその反動もありますが、親の介抱する時間はもちろん子供との時間も増えました。昔は子どもと遊びに行く時間も取れなかったのに、近頃は子どもを誘っても「またパパと行くの~?」なんて飽きられ気味です(笑)

木村:転職の理由だった「時間」の部分は想像以上に良くなったんですね!「収入」はどうですか?


収入は大幅UPできました!年収600万円以上です!前職は年収400万円だったので、入社2年目でここまで稼げるとは、正直思ってもいなかったです。
身体は楽になって、自由な時間も増えて、給料もUPする!はっきり言って、この仕事最高です(笑)

木村:年収200万円UP!うらやましい。。。私より稼いでる。。。
でも入社してわずか2年ほどで、どうしたらそんな風に稼げるようになるんですか?

佐藤さん:基本を大切にすれば自分くらいは稼げると思います。ニーズが多いエリアを重点的に営業することが当社のスタイル。中央区・港区・千代田区などのビジネス街をサボらず走れば自然とお客様を見つけることができますよ。僕の場合、20分以上お客様を乗せない時間はほとんどありません。新人の時に、どこを流せば売上が上がりやすいという基本的な知識からゆっくり教えてもらえたのが良かったと思います。

木村:すごいですね!最後に佐藤さんから見た、織田タクシーさんの魅力を教えてください!


佐藤さん:色々と浮かんできて一つに絞りにくいですが、とにかく言えるのは居心地の良さが、もうとんでもないですよね。入社前は、タクシードライバーの人たちってもっと一匹狼のイメージでしたが、当社に限って言えば面倒見の良い人たちばかり。新人の頃、僕もたくさんのことを教えてもらいましたが、1つ聞いただけで、10も20も返ってきちゃうほど(笑)
とにかくしゃべりたがりな人たちが集まっていて、以前の職場と比べても「会社ってこんなに楽しい場所だったっけ?」と思います。僕みたいな業界未経験の人間でもしっかり育ててくれるところですね。

木村:佐藤さん、ありがとうございました!

つづいてのインタビューは・・・



▲ご登場していただくのは織田タクシーの代表、織田一(おだ はじめ)社長。
優しそうな笑顔で迎えていただき安心。織田タクシーの秘密をたくさん聞き出してみたいと思います!
 

木村:織田タクシーさんは、東京ハイヤータクシー協会に加盟している都内のタクシー会社で、1台当たりの平均売上がTOP10の常連だと聞きましたが、本当ですか?
 
織田社長:本当ですよ。(アッサリ)TOP5の時もあります。これを見て下さい。
 

木村:(どれどれ)…………。
あっ!?本当だ、こんな上位に織田タクシーさんの名前がある!!
 

木村:ベスト10とかベスト5って、めちゃくちゃスゴいじゃないですか!!確か、協会の加盟会社は約200社近くあるはず…。しかも大手や老舗のタクシー会社さんが数多くひしめく中でのトップ10の常連入りは、ハンパないですよ!
 
木村:あ、あの、正直、竹ノ塚と言う場所に会社があり、都心部にあるタクシー会社さんと比べると、都心に出るのにタイムロスが発生すると思います。それなのに、どうして1台当たりの平均売上がここまで高いのでしょうか?
 

織田社長:私は何も特別な事はやっていません。特別なのは当社のドライバー同士の支え合う力なんです。教えたがりのドライバーが多くて、新人が入ってきたら本当に良く指導してくれるんです。自分の業務が終わってから新人の日報を見て上げて「もっとここを走った方が良い」とか「この時間はここに行けば良い」とか、惜しみなくノウハウを教える環境が当社にはあります。その結果、多くのドライバーが高い売上を上げる事ができているんだと思います。
 
木村:なるほど。確かに多くのタクシー会社だと個人プレーが多くて、稼げる人と稼げない人が二極化してしまう傾向がありますが、御社ではみんなが稼げるようになる為に、ドライバー同士が助け合っているという事ですね。
 
織田社長:会社として取り組んでいることとして、当社ではジャパンタクシーを除く全てのタクシー車両がクラウンのスーパーサルーンなんです。
 
木村:他社はコンフォートとか多いですよね。なんでスーパーサルーンにしたんですか?
 

織田社長:タクシーの仕事って長時間椅子に座るでしょ。だから、少しでもドライバーさんの疲労を軽減できればと思って導入しました。正直燃費も良くないし、車体の値段も高いんですけど、働くみなさんが喜んでくれればという思いで決断しました。人があってのタクシー業界なので、人を大切にしたいな。と言う気持ちです。
 
木村:ドライバーさんの身体の為!スーパーサルーンで仕事ができるなんて羨ましいです!
 
織田社長:ホイールも拘っていて、アルミホイールなんです。これは都内のタクシー会社で当社だけです。アルミホイールは普通のホイールと違って、汚れが落ちやすくて掃除しやすいんです。ホイールの汚れって結構しつこいですから、暑い夏や寒い冬にホイールの汚れ掃除は大変ですからね。
 
木村:ドライバーさんの負担を減らす為!本当にドライバーさん思いの会社ですね!愛を感じます。
 
織田社長:あと喜んでもらいたくて、社員の誕生日と配偶者の誕生日に、日ごろの家族の支えに対する感謝の意味も込めて5000円の商品券をプレゼントしているんです。
 
木村:どこまで社員想いなんですか!
 

織田社長:誕生日カードと一緒に5000円分の商品券をプレゼントしています。実際大変喜んでくれて、ドライバーの奥様からお礼の手紙を頂く事もあるんです。
 

▲社員の奥様から届いた実際のお手紙です。
 
木村:社員だけでなく、ご家族にも気を配りを忘れないなんて。。感動です!だからドライバーさんがみんな頑張るんですね。これが1台当たりの売上の高さにも繋がっている気がします。ちなみに売上が高いってことは給料も高いんですか?
 

▲詳しくお話をお伺いするため、ここからは採用担当の東執行役員に同席していただきました。
 
東執行役員:当社のドライバー年収500万円以上だと80名以上いるんですよ。ちなみに2018年度の平均年収は490万円です。特別に社内の年収データをお見せしましょう…!
 
木村:いいんですか!?(ドキドキ)
 

あれ…!?い、いっせんまん…って、??木村:ちょっと待ってください、トップクラスのドライバーさんは年収1000万円を超えていらっしゃるじゃないですか!!
 
織田社長:年収1000万円超えている人、こんなにいたんだ。いやあ私も知らなかった(笑)
 

東執行役員:年収1000万円ドライバーの数は決して多くはありませんが、しっかり頑張っていただければ、これだけ稼げるチャンスが当社にはあります。未経験者でも初年度から年収500万円や600万円稼ぐドライバーも多くいて、3ヶ月前に入社した新人の今月の月収は48万円です。
 
木村:いや~、驚きました…。こんなリアルなデータを見せていただいたのは初めてです。ありがとうございました!
 

▲最後は力強い握手でインタビュー終了!社長に就任する前は、なんと埼玉県・八潮市の市議会議員をされていたという織田社長。元政治家ということもあって、握手姿も格好良くキマっています!
 
東執行役員:もうお昼ですね。会社の隣に美味しいラーメン屋があるんですよ!良かったら一緒に食べませんか?
 
木村:ぜひ、お願いします!
 

 

 

▲本社の隣にある『らーめん しおの風』さん!国産塩を使った塩ラーメンの専門店で、実はラーメン通の間でも高い評価を得ている人気店なんです。
 

木村:東さんはここのらーめん店にはよく来られるんですか?
 
東執行役員:そうですね。私は大好きで良く来るし、うちのドライバーさん達からも評判高いですよ。
 

芸術的に美しい
注文したのは人気No.1の「特選塩らーめん」(950円)!塩ラーメンらしい透き通った黄金色のスープが食欲をそそります!!
 

▲麺も美しい
 

▲それでは、麺を豪快に持ち上げて、
 

一気に、すするすする~~♬♬

うっ、旨い。。。塩ラーメンのあっさりしたイメージではなく、コクと深みを感じる濃厚な塩らーめんです。これは旨い!織田タクシーさんの社員の中に、常連さんがたくさんいることにも納得です。
 

東執行役員:美味しかったでしょー。この後は埼玉の八潮にグループ会社があるので、そちらで女性ドライバーの取材してみてください。
 
木村:はい!
 

 


▲ということでやってきたのは、つくばエクスプレスの「八潮駅」。


▲織田タクシーのグループ会社『OKタクシー』さん。早速女性ドライバーさんにお話を聞きたいと思います。


▲ご登場していただくのは、入社8年目になる海老原 優子(えびはら ゆうこ)さん。
3人のお子さんを持つママさんドライバーです。

木村:海老原さんがタクシードライバーを始めたきっかけを教えていただけますか?

海老原さん:以前の勤め先が夜勤中心だったので、もっと子どもたちと一緒にいられる時間を増やしたくて新しい仕事を探していたところ、父親からタクシーの仕事を勧められたのがきっかけです。というか、実は父もOKタクシーのドライバーだったんです(笑)あまりにも熱心に勧めてくるので、それならと思って始めました。

木村:親子二代でOKタクシーさんのドライバーさんなんですね!お父さんのお仕事に、娘さんも携わるなんて素敵なお話です。ちなみに今はどんな働き方をされているんですか?


海老原さん:午前11時から仕事をスタートし、翌朝6時まで乗務する隔日勤務のスタイルで働いています。その間に休憩が3時間あるのですが、私の場合は2~3時間まとめて取るようにして、子どもたちと一緒に夕食を楽しんでいます。それからまたお仕事に戻って、もうひと頑張りする感じですね。

あと隔日勤務の良い点は、1日働いたら次の日がお休みになるところ。勤務明け(明け休み)は帰宅してから学校に行く子どもたちを送り出して、洗濯・掃除を済まして落ち着いたら軽く昼寝し、お買い物をしてゆっくり夕飯の準備をします。夜ものんびり寝れるんです。

木村:休憩時間にお子さんと一緒に過ごせたり、まさに転職前の希望を叶えることができているんですね。


海老原さん:会社に理解していただいているのが、本当にありがたいです。実はタクシーのお仕事って、女性にとっても合っている働き方だと思うんですよね。時間の融通がしやすいので、私のように子どもがいる方でも学校行事などに無理なく参加できますし、また当社であれば隔日勤務だけじゃなく日勤だけのワークスタイルも選べます。

木村:本当にそう思います!OKタクシーさんも含めて、もっともっと女性ドライバーの皆さんが増えたら私も嬉しいですね!


海老原さん:あと、地域に根付いた働き方ができることも気に入っています。私の場合、地元にある東武鉄道伊勢崎線・谷塚駅を中心に営業しているのですが、自然と常連のお客様ができてくるんですよね。特に同性として安心感を持っていただけるのか、女性のお客様から「ぜひ、海老原さんにお願い!」とご指名をいただくことが多くて、予約が入るたびに嬉しくなっちゃいます。最初のきっかけは父の紹介でしたが、すっかりタクシーのお仕事が好きになってしまいました(笑)これからもこの会社で長く働きたいですね!

木村:海老原さん、お忙しい中、取材にご協力いただきありがとうございました!


▲海老原さんに八潮駅まで送っていただけることに。タクシーの横に並ぶ姿が凛々しくて頼もしいです!


▲運転中もこの余裕の表情。海老原さんの運転技術と温かな人柄もあって、乗っているだけで癒されます。それにしてもスイスイと道を進んでいきますね~。

海老原さん:うふふ、この辺はもう庭みたいなものですから。慣れ親しんだ地元でずっと働かせてもらっているので本当に幸せだと思います。


▲数分ほどで駅に無事到着。最後は素敵な笑顔で送り出していただきました!

海老原さん:ご利用ありがとうございました。またぜひ当社に遊びに来てくださいね♪

これにて取材終了です。


織田タクシーさんの取材を終えて・・・タクシー激戦区の東京でライバルがひしめく中、1台当たりの売上ランキングベスト10の入り常連。しかもドライバーさんの半数以上が年収450万円~500万円以上を実現できている、安定感抜群のタクシー会社です。お客様が多い都心部を流すという基本を大切した営業スタイルなので、初めての方もコツを掴めば問題なく活躍できそうだと感じました。
また、しっかりと稼げるだけに“ガツガツ”した雰囲気を想像していましたが、蓋を開けてみれば社内は織田社長をはじめフレンドリーな方たちばかり。最上級グレードの車両を揃えるこだわりや豊富な社内イベントからも、社員一人ひとりを大切にしてくれる同社の姿勢が伝わってきました。タクシードライバーに興味があるなら、織田タクシーさんで始めてみることをぜひオススメします!

株式会社織田タクシーの会社概要

  • 会社名
    株式会社織田タクシー
  • 設立

    2005年2月

  • 資本金

    1,000万円

  • 代表者

    織田 一

  • 従業員数

    270名

  • 事業内容

    一般乗用旅客運送業

  • 車両台数

    106台

  • 所在地

    〒121-0813 東京都足立区竹の塚6-24-18

株式会社織田タクシーの求人一覧

この記事を書いた人

木村

木村

車の運転好きで、次の転職先はタクシー会社と決めている程、タクシーの仕事をこよなく愛しています!広島カープファン。ワイン検定ブロンズクラス合格。

  • 0

  • 0

タクシー業界へ転職を
迷っている方・ご検討されている方
まずは気軽に相談してみよう!